Copa Libertadores コパ・リベルタドーレス

サルゲイロのPKを含む2ゴールで逆転したオリンピアが準決勝進出

コパ・リベルタドーレス 準々決勝 2nd.Leg オリンピア 2-1 フルミネンセ
▲ 40分に逆転のPKを決めたファン・マヌエル・サルゲイロ
5月28日〜30日に行われたコパ・リベルタドーレスの準々決勝 2nd.Leg。パラグアイの首都アスンシオンで行われた「オリンピア×フルミネンセ」は、サルゲイロの2ゴールによってオリンピアが逆転勝利。2試合合計 2-1 でオリンピアが準決勝進出を果たした。

ホームのオリンピアが前がかりになったところをフルミネンセが突いて先制した。9分、自陣からのロングパスがオリンピアの最終ラインに落ちると、フリオ・マンスールがヘディングでGKシルバに送ったバックパスをハイネルがインターセプト。ハイネルが右足で蹴ったボールはGKシルバの両手に当たったが、バウンドして無人のゴールへ吸い込まれていった。この先制点により、フルミネンセは貴重なアウェイゴールを得てベスト4に一歩前進した。

だが、オリンピアは諦めずに試合を運んでゴールを生み出した。34分、左サイドの深い位置でセットプレイを得ると、ファン・マヌエル・サルゲイロの蹴ったクロスがファーサイドのゴールネットを揺らした。GKジエゴ・カバリエーリの届かないところに決まったラッキーなゴールで、オリンピアが同点とすると試合の流れも変わった。
39分、味方のパスでペナルティエリアの左側へ入ったフレディ・ホセ・バレイロが、後方からジゴンのチャージを受けて転倒。主審はこれをジゴンのファウルとみなして、オリンピアにPKを与えた。これをサルゲイロが冷静に決めて、オリンピアが逆転に成功した。

もう1点追加して勝ち上がりを決定づけたいオリンピアと、同点に追いついてベスト4へ上がりたいフルミネンセ。後半は互いに決定機を演出し、フルミネンセは前線の枚数を増やして攻勢に出たがその後ゴールは生まれなかった。
この結果、フルミネンセは準々決勝での敗退が決定。パラグアイから唯一勝ち残っているオリンピアがベスト4に駒を進めている。

コパ・リベルタドーレス 準々決勝 2nd.Leg (2013/05/29)
オリンピア
(パラグアイ)
2-1 フルミネンセ
(ブラジル)
マルティン・シルバ GK ジエゴ・カバリエーリ
フリオ・マンスール
エルミニオ・ミランダ
サルスティアーノ・カンディア
DF ブルーノ
(チアゴ・ネービス)
ジゴン
レアンドロ
カルリーニョス
エルナン・ペレス
アレハンドロ・シルバ
リチャール・サリナス
ファビオ・カバジェーロ
(ファン・カルロス・フェレイラ)
(ホルヘ・バエス)
リチャール・オルティス
MF ジェアン
(サムエウ)
エジーニョ
ハイネル
ワギネル
ファン・マヌエル・サルゲイロ
(カルロス・パレーデス)
フレディ・ホセ・バレイロ
FW ウェウリントン・ネン
(ハファエウ・ソービス)
フレッジ
ファン・マヌエル・サルゲイロ 34
(PK) ファン・マヌエル・サルゲイロ 40
ゴール 09 ハイネル
アレハンドロ・シルバ
サルスティアーノ・カンディア
リチャール・オルティス
フリオ・マンスール
イエロー
カード
ジェアン
ジゴン
エーベル・ウーゴ・アルメイダ 監督 アベウ・ブラーガ
主審: ダニエル・フェドルスク (ウルグアイ)
会場: エスタディオ・デフェンソーレス・デル・チャコ (アスンシオン)
2013.05.29

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。