Copa Libertadores コパ・リベルタドーレス 2015

2点差で勝った一昨年の南米王者が決勝トーナメント進出 コロ・コロは得失点差に泣く

コパ・リベルタドーレス 2015 グループリーグ 第6節 アトレチコ・ミネイロ 2-0 コロ・コロ
▲ 80分に鮮やかなミドルシュートを決めたハファエウ・カリオカの背中に飛び乗って抱擁するギリェルミ(17番)
4月21〜23日に行われたコパ・リベルタドーレスのグループリーグ第6節。ブラジルのベロ・オリゾンチで行われた「アトレチコ・ミネイロ×コロ・コロ」は、アトレチコ・ミネイロが勝利。アトレチコ・ミネイロは得失点差でコロ・コロを上回り、ギリギリで決勝トーナメント進出を果たした。

2点以上の差をつけて勝たなければならないアトレチコ・ミネイロは、立ち上がりから前がかりに攻めていった。すると19分にルアン、パトリッキとつないで最終ラインの裏へ出たスルーパスにルーカス・プラットが反応。プラットは角度のないところから右足でゴールへ流し込み、アトレチコ・ミネイロが先制した。

1点差以内の敗北であれば決勝トーナメントに上がれるコロ・コロは、守備を固めて応戦。対するアトレチコ・ミネイロは後半も引き続き主導権を握り、攻め立てた。

アトレチコ・ミネイロは66分にスルーパスでゴール前に飛び出したルアンがキーパーと接触して転倒すると、主審はアトレチコ・ミネイロにPKを与えた。ところがギリェルミが蹴ったボールはゴールポストに当たってからキーパーの背中に当たり、最後は相手にクリアされてしまう。アトレチコ・ミネイロは2点目を奪う絶好のチャンスを不意にした。

▲ 2点差で敗れて肩を落とすコロ・コロのイレブン
それでもアトレチコ・ミネイロは、決勝トーナメント進出に必要な2点目のゴールを80分に奪取。左サイドへ流れたボールをギリェルミが拾って中盤のハファエウ・カリオカにパスを出すと、右足でトラップしたハファエウ・カリオカはバウンドするボールに対して思いきりよく右足を振り抜いた。このミドルシュートがゴール左上に突き刺さって、アトレチコが 2-0 とした。

2点差となったことで1点取る必要に迫られたコロ・コロは終盤にセットプレイなどで相手ゴールに迫ったが、最後までゴールを奪えず試合終了。アトレチコ・ミネイロとコロ・コロは勝ち点で並んだが、得失点差で下回った後者のグループリーグ敗退が決定した。

コパ・リベルタドーレス 2015 グループリーグ 第6節 (2015/04/22)
アトレチコ・ミネイロ
(ブラジル)
2-0 コロ・コロ
(チリ)
ビクトル GK パウロ・ガルセス
パトリッキ
ジェメルソン
エジカルロス
ドウグラス・サントス
DF フリオ・バローソ
クリスティアン・ビルチェス
ホセ・カセレス
ハファエウ・カリオカ
ギリェルミ
(エドゥアルド)
ヘスス・ダトロ
ルアン
(ダニーロ・ピレス)
MF クラウディオ・バエーサ
カミーロ・ロドリゲス
エステバン・パベス
ルイス・パベス
(フェリペ・フローレス)
ゴンサーロ・フィエーロ
カルロス
(マイコスエウ)
ルーカス・プラット
FW エステバン・パレーデス
エミリアーノ・ベッキオ
(ブリアン・カルバージョ)
ルーカス・プラット 19
ハファエウ・カリオカ 80
ゴール
ルアン
ジェメルソン
ギリェルミ
ビクトル
イエロー
カード
エステバン・パベス
エステバン・パレーデス
レビル・クウピ 監督 エクトル・タピア
主審: カルロス・エンリケ・ベーラ (エクアドル)
会場: エスタジオ・インデペンデンシア (ベロ・オリゾンチ)
2015.04.22

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。