Seleccion Nacional de Colombia コロンビア代表

バルデラマが代表でのグアリンを批判 「キャプテンとしての役割を十分に果たすべき」

先のW杯南米予選ウルグアイ戦でのコロンビア代表MFフレディ・グアリンを元コロンビア代表MFカルロス・バルデラマ氏が批判
▲ コロンビア代表MFフレディ・グアリンのプレイを公然と批判した元コロンビア代表MFカルロス・バルデラマ氏
1980年代から1990年代におけるコロンビア代表の歴史的選手であるカルロス・バルデラマ氏が、現在インテル(イタリア)に所属しているコロンビア代表MFフレディ・グアリンを批判した。

バルデラマ氏がグアリンを批判したのは、先のW杯南米予選「ウルグアイ vs コロンビア」における同選手の統率力。一部で批判に対する反論もある中で、バルデラマ氏は自身の発言について次のように説明した。

「私は何も間違ったことは言っていない。ウルグアイ戦でのグアリンはひどかったと感じたのだ。試合に対する姿勢も評価できなかった」

「グアリンと会えるのなら、代表でひどかったところを面と向かって教えてあげるよ。代表のキャプテンとしてあるべき姿を理解できてないのかもしれないし、もし彼が今後も代表でキャプテンを務めるのならば、その役割を十分に果たすべきだ」

10月13日に行われたウルグアイ戦ではハメス・ロドリゲスが不在でファルカオはベンチスタートだったこともあり、ペケルマン監督はグアリンをキャプテンに指名。これを受けてグアリンは「代表のキャプテンになれるのは光栄なこと」と意欲をみせていたが、国のレジェンドからは評価されなかったようだ。

2015.10.22

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。