FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会 南米予選

マスチェラーノがまさかのパスミス 二度追いついたペルーがホームで引き分けに持ち込む

FIFAワールドカップ南米予選 第9節 ペルー 2-2 アルゼンチン
▲ 83分に同点のPKを決めたクリスティアン・クエバはボールを拾って足早に自陣へ戻る
2018年ロシア大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2016年10月6日に第9節が各地で行われた。ペルーの首都リマで行われた「ペルー×アルゼンチン」は、ペルーが2度追いついて勝ち点1を捻出した。

試合はアルゼンチンが15分に先制。左からのコーナーキックにファーサイドで合わせたアグエロのボレーシュートは相手に当たったが、そのこぼれ球がラミーロ・フネス・モリの足元に転がると、フネス・モリは右足で蹴って相手に当たったこぼれ球を左足でゴール左隅に蹴り込んだ。

アルゼンチンの1点リードで迎えた後半、ペルーは57分に追いつく。左サイドからのアーリークロスをペナルティアークで胸トラップしたパオロ・ゲレーロが、マルコス・ロホのマークを左半身で遮りながら右足でゴールネットに突き刺した。

アルゼンチンのバウサ監督は、64分になって選手交代を開始。まずディバラを下げてアンヘル・コレーアを投入すると、72分にはアグエロに代えてエベル・バネガを投入して攻撃の活性化を試みた。すると76分、アンヘル・ディ・マリアとのワンツーで右サイドを崩したパブロ・サバレータが中央へ切れ込みながら右足のアウトサイドでスルーパスを出すと、ゴンサーロ・イグアインが最終ラインの裏を突いて右足でゴールに流し込んで勝ち越しに成功した。

ところがアルゼンチンは、自陣でのパスミスがきっかけでリードを失うこととなった。82分に自陣の左サイドへ開いたマスチェラーノがキーパーへ戻そうとしたバックパスが、パオロ・ゲレーロのインターセプトを誘発。ゲレーロはがら空きのスペースを前進してペナルティエリアに到達したが、その瞬間フネス・モリに背後から押し倒された。このファウルによって得たPKをクリスティアン・クエバが力強く決めて、ペルーが再び同点とした。

ペルーは引き分けに持ち込んだことで8位に浮上。一方2位だったアルゼンチンは勝利を逃して5位に転落している。

FIFAワールドカップ南米予選 第9節 (2016/10/06)
ペルー 2-2 アルゼンチン
ペドロ・ガレーセ GK セルヒオ・ロメーロ
アルド・コルソ
クリスティアン・ラモス
アルベルト・ロドリゲス
ミゲル・トラウコ
DF パブロ・サバレータ
ニコラス・オタメンディ
ラミーロ・フネス・モリ
マルコス・ロホ
ビクトル・ヨトゥン
レナート・タピア
クリスティアン・ベナベンテ
(ルイス・ダ・シルバ)
クリスティアン・クエバ
(カルロス・ロバトン)
エディソン・フローレス
(ラウール・ルイディアス)
MF ハビエル・マスチェラーノ
マティアス・クラネビッテル
パウロ・ディバラ
(アンヘル・コレーア)
セルヒオ・アグエロ
(エベル・バネガ)
アンヘル・ディ・マリア
パオロ・ゲレーロ FW ゴンサーロ・イグアイン
パオロ・ゲレーロ 57
(PK) クリスティアン・クエバ 83
ゴール 15 ラミーロ・フネス・モリ
76 ゴンサーロ・イグアイン
ビクトル・ヨトゥン イエロー
カード
パブロ・サバレータ
ニコラス・オタメンディ
ゴンサーロ・イグアイン
ラミーロ・フネス・モリ
リカルド・ガレカ 監督 エドガルド・バウサ
主審: サンドロ・メイラ・ヒッチ (ブラジル)
会場: エスタディオ・ナシオナル (リマ)
2016.10.06

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。