FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会 南米予選

チッチ体制になって無傷の4連勝 敵地で勝ち点3を得たブラジルが南米予選の首位に浮上

FIFAワールドカップ南米予選 第10節 ベネズエラ 0-2 ブラジル
▲ チッチ体制になって4連勝と勢いに乗るブラジルは、南米予選の首位に浮上している
2018年ロシア大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2016年10月11日に第10節が各地で行われた。ベネズエラのメリダで行われた「ベネズエラ×ブラジル」は、敵地に乗り込んだブラジルが勝利を収めた。

試合は、ブラジルが7分に先制。ブラジルのプレッシャーでベネズエラはキーパーまでボールを下げたが、キーパーが最終ラインに出したパスをガブリエウ・ジェズスがインターセプト。キーパーと1対1になったガブリエウ・ジェズスは、冷静にボールを浮かせてループシュートを決めた。

先制したブラジルは、その後も多彩な攻撃で何度も相手ゴールを脅かした。一方ベネズエラは献身的な守備でゴールを守っている印象。前半はブラジルの1点リードで折り返した。

前半の30分頃から巻き返したベネズエラは、幾度となく作った決定機をものにできない。一方、リードを保って後半を迎えたブラジルは、52分に左サイドからヘナット・アウグストが低めのクロスを上げると、ファーサイドからゴール前に飛び込んだウィリアンが右足のジャンピングボレーでゴールに沈めて 2-0 とした。

73分にはスタジアムで停電が発生した影響で試合が20分ほど一時中断されるハプニングもあったが、ブラジルはリードを守りきって勝利を収めた。

敗れたベネズエラは最下位のまま。一方4連勝のブラジルは、ついに南米予選の首位に浮上した。

FIFAワールドカップ南米予選 第10節 (2016/10/11)
ベネズエラ 0-2 ブラジル
ダニエル・エルナンデス GK アリソン・ベッケル
ロベルト・ロサーレス
ウィルケル・アンヘル
ホセ・ベラスケス
ロルフ・フェルチェル
DF ダニエウ・アウベス
マルキーニョス
ミランダ
フィリッピ・ルイス
アリエス・フローレス
(ジャンヘル・エレーラ)
トマス・リンコン
アダルベルト・ペニャランダ
(ロムロ・オテーロ)
ファン・アニョール
(アレハンドロ・ゲーラ)
MF フェルナンジーニョ
パウリーニョ
ヘナット・アウグスト
フィリッピ・コウチーニョ
(ジュリアーノ)
ウィリアン
(タイソン)
ジョセフ・マルティネス
サロモン・ロンドン
FW ガブリエウ・ジェズス
ゴール 07 ガブリエウ・ジェズス
52 ウィリアン
ウィルケル・アンヘル
ホセ・ベラスケス
ジャンヘル・エレーラ
イエロー
カード
パウリーニョ
ラファエル・ドゥダメル 監督 チッチ
主審: ビクトル・カリージョ (ペルー)
会場: エスタディオ・メトロポリターノ・デ・メリダ (メリダ)
2016.10.11

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。