2017 FIFA Beach Soccer World Cup FIFAビーチサッカーワールドカップ 2017

ホドリーゴの5ゴールなどで大勝したブラジルが準々決勝へ 日本代表は健闘も敗退

FIFAビーチサッカーワールドカップ 2017 バハマ大会 グループD 第3節 日本 3-9 ブラジル
▲ 日本代表を相手にゴールを量産して歓喜の輪を形成するブラジル代表の選手たち
4月27日から5月7日までバハマのナッソーで行われたFIFAビーチサッカーワールドカップ 2017。5月2日に行われたグループDの第3節「日本×ブラジル」は、ブラジルが圧勝した。

ブラジルは4分にボキーニャが左サイドを突破してグラウンダーのクロスを上げると、オウンゴールを誘発して先制。さらにその1分後にはホドリーゴがフリーキックを決めて 2-0 とした。

日本は9分に後藤崇介がオーバーヘッドキックでゴールを狙うと、そのこぼれ球を大場崇晃が左足でゴールに蹴り込むと、その2分後には後藤崇介のフリーキックで同点とした。だが、ブラジルは追いつかれてから立て続けに3点を決めて一気に突き放した。

日本は21分に大場崇晃のロングパスがオウンゴールを誘って、2点差とする。しかしブラジルの勢いを止めることはできず、ブラジルはホドリーゴのゴールラッシュなどで日本に土をつけた。

ブラジルは無傷の3連勝で準々決勝に進出。一方、日本はタヒチ戦での敗北が尾を引き、3位で準々決勝には進めなかった。

南米の出場国では、他にパラグアイも準々決勝に進出。エクアドルは3連敗で敗退となった。

FIFAビーチサッカーワールドカップ 2017 バハマ大会 グループD 第3節 (2017/05/02)
日本 3-9 ブラジル
照喜名 辰吾 GK マォン
大場 崇晃
後藤 崇介
茂怜羅 オズ
赤熊 卓弥
FP カタリーノ
ブルーノ・シャビエル
ダチーニャ
マウリシーニョ
河合 雄介
田畑 輝樹
小牧 正幸
飯野 智之
山内 悠誠
原口 翔太郎
鈴木 将人
ベンチ ハファエウ・パジーリャ
フェルナンド・ジジ
フィリッピ
ダニエウ
ルコン
ホドリーゴ
ボキーニャ
大場 崇晃 09
後藤 崇介 11
(オウンゴール) ボキーニャ 21
ゴール 04 後藤 崇介 (オウンゴール)
05 ホドリーゴ
16 ホドリーゴ
19 マウリシーニョ
20 カタリーノ
22 ホドリーゴ
27 ホドリーゴ
34 マウリシーニョ
35 ホドリーゴ
イエロー
カード
フェルナンド・ジジ
ボキーニャ
35% ボール
支配率
65%
8 枠内
シュート
20
4 コーナー
キック
5
6 ファウル 7
マルセーロ・メンジス 監督 ジウベルト・ソウザ
主審: ジュード・アーミン・ウトゥル (マルタ)
会場: ナッソー・スタジアム (ナッソー)
2017.05.02

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。