Primera Division de Argentina アルゼンチン1部リーグ

ピッチの芝の一部が禿げ上がったキルメスにて… エストゥディアンテスが接戦を制す

アルゼンチン1部リーグ 2016-2017 第24節 エストゥディアンテス 1-0 ヒムナシア・ラ・プラタ
▲ ピッチの芝の一部が禿げ上がってしまった箇所には、砂を埋める応急処置が施されたが、現地の記事では「まるでビーチサッカーのよう」と形容
5月12〜15日に行われたアルゼンチン1部リーグの2016-2017 第24節。キルメスで行われたクラシコ「エストゥディアンテス×ヒムナシア・ラ・プラタ」は、エストゥディアンテスが接戦を制した。

ラ・プラタでなくキルメスのスタジアムで行われたクラシコ。試合会場に設定されたエスタディオ・センテナリオ・シウダー・デ・キルメスではピッチの芝の一部が豪快に禿げ上がっていて、芝を張り替える時間もなかったため、禿げた場所には砂を埋めることで応急処置を施していた。現地報道によれば、砂で埋めたエリアはビーチサッカーの舞台にも映り、悪条件と判断したエストゥディアンテスの首脳陣からはスタジアムを変更するような要求も出ていたが、それは認められなかった。エストゥディアンテスのホームスタジアム(エスタディオ・シウダー・デ・ラ・プラタ)もピッチの修繕中であったため、空いているスタジアムの中からキルメスが選ばれたが、戦前のエストゥディアンテスは芝の禿げたピッチに嫌悪感を示していた。

▲ 25分にこの試合唯一のゴールを決めたイスラエル・ダモンテ
序盤から優位に試合を進めたエストゥディアンテスは、アウグスト・ソラーリのフリーキックなどで決定機を演出。すると25分に右サイドからのフリーキックにイスラエル・ダモンテがヘディングで合わせてゴールに沈めて、エストゥディアンテスが先制した。

後半、ヒムナシア・ラ・プラタは62分にブライアン・アレマンのミドルシュートでゴールを狙うと、89分には味方がくさびになって落としたボールをロレンソ・ファラベッリが右足ボレーで狙ったが、いずれも枠を捕らえられなかった。

4分設けられた後半のアディショナルタイム。ヒムナシア・ラ・プラタは91分にロレンソ・ファラベッリが枠を捕らえたシュートを打つも、キーパーがファインセーブでゴールを死守。エストゥディアンテスは1点を守りきって勝利を収めた。

アルゼンチン1部リーグ 2016-2017 第24節 (2017/05/13)
エストゥディアンテス 1-0 ヒムナシア・ラ・プラタ
マリアーノ・アンドゥハル GK アレクシス・アリアス
マティアス・アギレガライ
ジョナタン・チュンケ
レアンドロ・デサバト
セバスティアン・ドゥバルビエル
DF セバスティアン・ゴルガ
マウリシオ・ロメーロ
マヌエル・グアニーニ
ファクンド・オレーハ
ロドリーゴ・ブラーニャ
イスラエル・ダモンテ
(イバン・ゴメス)
ファン・バウティスタ・カシーニ
(ファン・イグナシオ・カバラーロ)
ファクンド・サンチェス
(エリーアス・ウメーレス)
アウグスト・ソラーリ
MF ファビアン・リナウド
ルーカス・リヒト
(ロレンソ・ファラベッリ)
ニコラス・イバーニェス
(ルーカス・ロボス)
エリック・ラミーレス
(セバスティアン・ロメーロ)
ルーカス・ビアトリ FW ニコラス・マッソーラ
ブライアン・アレマン
イスラエル・ダモンテ 25 ゴール
ルーカス・ビアトリ
イスラエル・ダモンテ
ロドリーゴ・ブラーニャ
イエロー
カード
セバスティアン・ゴルガ
マヌエル・グアニーニ
ファクンド・オレーハ
ニコラス・マッソーラ
アレクシス・アリアス
ネルソン・ビバス 監督 グスターボ・アルファーロ
主審: フェルナンド・エスピノーサ
会場: エスタディオ・センテナリオ・シウダー・デ・キルメス (キルメス)
2017.05.13

★アルゼンチン1部リーグの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。