Primera Division de Argentina アルゼンチン1部リーグ

先月殺人事件まで起こった曰く付きのクラシコ 敵地に乗り込んだベルグラーノはPKをもらえず

アルゼンチン1部リーグ 2016-2017 第24節 タジェーレス 1-1 ベルグラーノ
▲ 攻守の要ならびにキャプテンとして奮闘した38歳の元アルゼンチン代表MFパブロ・ギニャス
5月12〜15日に行われたアルゼンチン1部リーグの2016-2017 第24節。コルドバで行われたクラシコ「タジェーレス×ベルグラーノ」は、互いに譲らず勝ち点1を分け合う結果になった。

4月にサポーター同士の殺人事件が発生した対戦カードと同じだが、この日はベルグラーノではなくタジェーレスのホームでの一戦。タジェーレスのサポーターでスタンドを満員にして始まったクラシコは、前半7分にベルグラーノが先制。高く上がったボールをマティアス・スアーレスが競ってマリアーノ・バルビエーリが拾ったが、バルビエーリはペナルティエリアで相手に挟まれて転倒。だがバルビエーリの足元から離れたボールがマティアス・スアーレスに渡り、スアーレスは右足を振り抜いてゴールネットにボールを突き刺した。

負けるわけにはいかないタジェーレスは、前半のうちに追いついた。30分、右サイドでのロングフィードで最終ラインの裏へ抜け出したビクトリーノ・ラミスがペナルティエリアのエンドライン際でトラップして中央に折り返すと、エセキエル・レスカルダーニがスライディングで左足に当ててゴールに流し込んだ。

ベルグラーノは42分にカウンターを仕掛けたが、相手陣内をドリブルで上がったマティアス・スアーレスが後方から右腕を捕まれて転倒。しかし主審がPKでなくペナルティエリアの手前でのフリーキックとジャッジしたことに、ベルグラーノのイレブンが異議を唱えて激しく詰め寄った。レッドカードを要求する選手もいたが、主審のジャッジは覆らなかった。

後半はベルグラーノが早めに選手交代を済ませ、タジェーレスは様子を見ながらの采配に。だが後半はどちらもゴールを奪えなかった。

アルゼンチン1部リーグ 2016-2017 第24節 (2017/05/13)
タジェーレス 1-1 ベルグラーノ
ギド・エレーラ GK ルーカス・アコスタ
レオナルド・ゴドイ
ファン・クルス・コマール
カルロス・キンターナ
イアン・エスコバル
DF レンソ・サラービア
エステバン・エスピンドーラ
(クリスティアン・ロメーロ)
ルーカス・アベルダーニョ
セバスティアン・ルーナ
パブロ・ギニャス
レオナルド・ヒル
ビクトリーノ・ラミス
(ジョナタン・メネンデス)
ニコラス・ヒメーネス
(ファン・ラミーレス)
セバスティアン・パラシオス
MF ギジェルモ・ファレー
フェデリコ・レルトラ
マリアーノ・バルビエーリ
フェルナンド・マルケス
(ホルヘ・ベラスケス)
エセキエル・レスカルダーニ
(ゴンサーロ・クルセネル)
FW マティアス・スアーレス
クラウディオ・ビエーレル
(ルーカス・メラーノ)
エセキエル・レスカルダーニ 30 ゴール 07 マティアス・スアーレス
ファン・クルス・コマール
ニコラス・ヒメーネス
イアン・エスコバル
セバスティアン・パラシオス
イエロー
カード
マティアス・スアーレス
フェデリコ・レルトラ
ルーカス・アベルダーニョ
レンソ・サラービア
ルーカス・アコスタ
フランク・クデルカ 監督 セバスティアン・メンデス
主審: ネストル・ファビアン・ピターナ
会場: エスタディオ・マリオ・アルベルト・ケンペス (コルドバ)
2017.05.13

★アルゼンチン1部リーグの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。