Liga Profesional de Primera Division ウルグアイ1部リーグ

最終節までもつれた優勝争い 首位デフェンソール・スポルティンが勝利を収めて自力優勝

ウルグアイ1部リーグ 2017 前期 第15節 フェニックス 1-2 デフェンソール・スポルティン
▲ 2位ナシオナル・モンテビデオの猛追を退けて前期優勝を果たしたデフェンソール・スポルティン
5月13〜14日に行われたウルグアイ1部リーグの前期 第15節。首都モンテビデオで行われた「フェニックス×デフェンソール・スポルティン」は、デフェンソールが勝利を収めた。この結果、他会場の結果に関係なくデフェンソール・スポルティンの前期優勝が決まった。

優勝争いは最終節までもつれ、首位デフェンソール・スポルティンと2位ナシオナル・モンテビデオの勝ち点差は1。自力で優勝できる前者は、この試合でとにかく勝つことが求められた。

南に大西洋を望む海沿いの小さなスタジアムで行われた試合は、19分に左サイドでドリブルを仕掛けたゴンサーロ・ブエーノがペナルティエリアでファン・ダニエル・アルベスに足を掛けられて転倒。このファウルで得たPKをマキシミリアーノ・ゴメスが決めて、デフェンソールが先制した。

デフェンソールの攻勢はしばらく続いたが、ピンチをしのいだフェニックスは38分に追いつく。左サイドで自陣からのパスを受けたセシーリオ・ワーテルマンがドリブルで中央へ切れ込むと、フェイントで一人を抜いてから右足でファーサイドのゴールネットを揺らした。

後半も主導権を握ったデフェンソールは75分、左サイドからアイルトン・コウゴが上げたクロスをゴンサーロ・カルネイロが左肩で後方に落とすと、マキシミリアーノ・ゴメスがペナルティアークで右足を振り抜いた。ボールは相手の足に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

後半のアディショナルタイムは、パワープレイに徹する相手の対応などで双方に退場者が出た末にタイムアップ。デフェンソール・スポルティンの前期優勝は、2010年以来7年ぶりとなった。

ウルグアイ1部リーグ 2017 前期 第15節 (2017/05/13)
フェニックス 1-2 デフェンソール・スポルティン
ダリオ・デニス GK ギジェルモ・レジェス
ルーカス・ロペス
ロドリーゴ・カブレーラ
(パブロ・オリベーラ)
ファン・ダニエル・アルベス
マルティン・ゴンサーレス
DF ニコラス・コレーア
アンドレス・ラマス
ギジェルモ・デ・ロス・サントス
マティアス・カルダシオ
(ゴンサーロ・カルネイロ)
レオナルド・フェルナンデス・ロペス
(ブレーノ・ジ・ソウザ)
ディエゴ・フェレイラ
ロベルト・フェルナンデス
ラウール・フレディ・フェロ
MF マティアス・カブレーラ
パウロ・マティアス・スニーノ
マティアス・セバスティアン・スアーレス
(ファクンド・カストロ・ソウト)
マルティン・ラブニャル
ケビン・ジッシ
(マティアス・アクーニャ)
セシーリオ・ワーテルマン
FW マキシミリアーノ・ゴメス
ゴンサーロ・ブエーノ
(アイルトン・コウゴ)
セシーリオ・ワーテルマン 38 ゴール 20 マキシミリアーノ・ゴメス (PK)
75 マキシミリアーノ・ゴメス
ディエゴ・フェレイラ
ロベルト・フェルナンデス
ラウール・フレディ・フェロ
ケビン・ヒッシ
セシーリオ・ワーテルマン
ダリオ・デニス
イエロー
カード
ゴンサーロ・ブエーノ
アンドレス・ラマス
ギジェルモ・デ・ロス・サントス
マティアス・カルダシオ
マルティン・ラブニャル
マルティン・ゴンサーレス レッド
カード
アンドレス・ラマス
グスターボ・フェリン 監督 エドゥアルド・マリオ・アセベード
主審: エステバン・オストヒッチ
会場: エスタディオ・パルケ・カプーロ (モンテビデオ)
2017.05.13

★ウルグアイ1部リーグをチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。