Primera Division de Argentina アルゼンチン1部リーグ

完敗で解任の噂が上がっているパオロ・モンテーロ監督 「今は何もコメントできない」

ロサリオ・セントラルのパオロ・モンテーロ監督に解任の噂が浮上
▲ バンフィエール戦での4失点完敗により解任の噂が浮上しているロサリオ・セントラルのパオロ・モンテーロ監督(左)
ホームでバンフィエールに4失点の完敗を喫したロサリオ・セントラルに、監督交代の噂が報じられた。ロサリオ・セントラルは27日にコパ・アルヘンティーナでボカ・ジュニオルスと対戦する予定になっていて、その試合結果によっては噂が現実になる可能性もある。

ロサリオ・セントラルは創立127年の名門で、国内での優勝回数は27回を誇る。ただ1部リーグで最後に優勝した 1986-1987 以降、リーグ優勝からは30年遠ざかっている。現在の主力選手は、かつてボカなどで活躍したDFフェルナンド・トビオやMFフェデリコ・カルリーソ、元バスコ・ダ・ガマのFWヘルマン・エレーラなどがいるが、今季は4試合を消化して28チーム中23位と低迷している。

ロサリオ・セントラルの指揮官は、パオロ・モンテーロ氏。現役時代はイタリアの名門ユヴェントスで不動のセンターバックとして活躍したほか、ウルグアイ代表DFとしても長年に渡り活躍した。母国の名門ペニャロールの下部組織で監督を務めた2013年からは、監督としてのキャリアを続けている。このたび解任の危機が報じられたのは、モンテーロ監督のことなのだ。

バンフィエール戦は攻守ともに精彩を欠いた内容で、スタンドを埋めたインチャ(サポーター)を落胆させるには十分なものだった。試合後の記者会見でモンテーロ監督は、次のように回顧した。

「結果を出すのが仕事だが、我々は深刻な状況にある。今は完敗の原因を分析して次戦に生かすべく準備するしかない」

一部の記者からミッドウィークのボカ・ジュニオルス戦で敗れた場合の処遇について質問が及ぶと、「チームのレベルが違うことは認識しているが、最善を尽くすだけ。(解任報道については)今は何もコメントできない」と言葉を濁した。

◆ パオロ・モンテーロ
本名:ロナル・パオロ・モンテーロ・イグレシアス
1971年9月3日生まれ(46歳)
出身:ウルグアイ(モンテビデオ) 身長:179cm
ポジション:センターバック
1990年に名門ペニャロールでデビュー。アタランタを経て1996年に加入したユヴェントスでは10年に渡り主力として活躍した。W杯出場経験は、2002年の日韓大会のみ。2004年のコパ・アメリカにも出場。2007年に現役を退き、2013年からは監督業を続けている。

2017.09.24

★アルゼンチン1部リーグの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。