Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

かつてベティスなどで活躍したヒカルド・オリベイラのゴールで勝ったサントスが首位に近づく

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第26節 パウメイラス 0-1 サントス
▲ 75分に値千金のゴールを決めて駆け出す元ブラジル代表FWヒカルド・オリベイラ
9月30日〜10月2日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2017 の第26節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われたクラシコ「パウメイラス×サントス」は、元ブラジル代表FWヒカルド・オリベイラのゴールでサントスが接戦を制した。

降りしきった雨でピッチに水たまりが散見される状態で行われた試合は、選手がしばしば軸足をとられる場面も。立ち上がりから一進一退の攻防で互いに見せ場を作り、サントスは28分にヒカルド・オリベイラが直接フリーキックでゴールを狙った。パウメイラスは38分にジェアンがミドルシュートを放ったが、ボールはわずかに枠を逸れてゴールには至らなかった。

サントスには40分にも決定機があったが、キーパーが弾いたボールをフリーでトラップしたジェアン・モッタが左足で放ったシュートは、サイドネットを揺らすに留まった。さらに前半のアディショナルタイムにはヒカルド・オリベイラが右足でゴールに押し込もうとしたが、キーパーが右足で弾き返してゴールを死守。互いに多くのチャンスを作った前半は 0-0 で終了した。

後半、パウメイラスは開始から前がかりに攻め込んで何度もフィニッシュに持ち込んでいく。だが、ことごとくチャンスをものにできずにいると、75分にサントスが均衡を破った。ジョナタン・コペーテのクロスがペナルティエリアの左側に流れたところをブルーノ・エンリーキがトラップして右足でクロスを上げると、ヒカルド・オリベイラがヘディングでゴールに沈めた。

パウメイラスは78分に相手ゴールを脅かしたが、途中出場のコロンビア代表FWミゲル・アンヘル・ボルハが右足で放ったシュートは、わずかにクロスバーを越えて枠には飛ばなかった。

敗れたパウメイラスは4位のまま。一方サントスは勝って首位コリンチャンスとの勝ち点差を暫定ながら7に縮めている。

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第26節 (2017/09/27)
パウメイラス 0-1 サントス
フェルナンド・プラス GK バンデルレイ
マイキ
ルアン
ジュニーニョ
ゼ・ホベルト
(チアゴ・サントス)
DF ダニエウ・ゲージス
ルーカス・ベリッシモ
デイビッジ・ブラス
ゼッカ
ジェアン
(アレハンドロ・ゲーラ)
チェ・チェ
モイゼス
MF アリソン
マテウス・ジェズス
ジェアン・モッタ
(セルジーニョ)
ドゥドゥ
デイベルソン
ウィリアン
(ミゲル・アンヘル・ボルハ)
FW ブルーノ・エンリーキ
ヒカルド・オリベイラ
(カイキ)
ジョナタン・コペーテ
ゴール 75 ヒカルド・オリベイラ
ルアン
マイキ
フェルナンド・プラス
イエロー
カード
マテウス・ジェズス
ジェアン・モッタ
ゼッカ
アリソン
ブルーノ・エンリーキ
クッカ 監督 レビル・クウピ
主審: マルセーロ・アパレシード・ヒベイロ・ジ・ソウザ
会場: アレーナ・パウメイラス (サンパウロ)
2017.09.27

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。