FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会 南米予選

ガブリエウ・ジェズスの2ゴールなどでブラジルが快勝 完敗のチリは最後の最後で予選敗退

FIFAワールドカップ南米予選 第18節 ブラジル 3-0 チリ
▲ 54分に先制のゴールを決めてポーズも決めたパウリーニョ
2018年ロシア大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2017年10月10日に第18節が各地で行われた。ブラジルのサンパウロで行われた「ブラジル×チリ」は、ガブリエウ・ジェズスの2ゴールなどでブラジルが快勝した。

試合前の記者会見で選手が手加減をしないと公言していた通り、試合はブラジルが何度も攻め込んで主導権を握った。前半は無得点に終わったが、セレソンは後半にセットプレイから先制。ダニエウ・アウベスのフリーキックをキーパーがファンブルしたところにパウリーニョが詰めて、54分に先制した。

ブラジルは先制した2分後にも、ロングフィードを前線でトラップしたネイマールがペナルティエリアに入ってキーパーを引きつけ、右にパスを出してガブリエウ・ジェズスのゴールをお膳立てしたことにより 2-0 とした。

▲ ゴールを決めたガブリエウ・ジェズス(右)を抱擁で祝福するネイマールやダニエウ・アウベスなど
負ければ敗退の可能性が高まるチリは、早めに3人を代えて4トップにしたが、相手の牙城を崩しきれない。対照的にブラジルは、終了直前にダメ押しのゴールを奪う。92分、カウンターによる失点覚悟でGKクラウディオ・ブラーボもが相手のゴール前に上がっていたチリは、コーナーキックのこぼれ球を相手に奪われて万事休す。ロングフィードで誰もいない相手陣内を駆け上がったガブリエウ・ジェズスが、ペナルティエリアを独走して楽々とゴールに沈めた。

マンチェスター・シティの同僚対決はクラウディオ・ブラーボでなくガブリエウ・ジェズスに軍配が上がり、快勝したブラジルは消化試合の最後を上々の内容でフィニッシュ。一方、敗れたチリは同時刻に行われた試合でペルーとコロンビアが引き分けとなったことによって、最終順位は6位となり予選敗退の憂き目に遭った。
そしてワールドカップに導けなかったアルゼンチン人監督のファン・アントニオ・ピッツィ氏は、試合後にすぐチリ代表監督の辞任を発表している。

FIFAワールドカップ南米予選 第18節 (2017/10/10)
ブラジル 3-0 チリ
アリソン・ベッケル GK クラウディオ・ブラーボ
ダニエウ・アウベス
マルキーニョス
ミランダ
アレックス・サンドロ
DF マウリシオ・イスラ
ガリ・メデル
ゴンサーロ・ハラ
ジャン・ボーセジュール
カゼミーロ
パウリーニョ
フィリッピ・コウチーニョ
(ホベルト・フィルミーノ)
ヘナット・アウグスト
(フェルナンジーニョ)
ネイマール
(ウィリアン)
MF ホセ・フエンサリーダ
(エドソン・プッチ)
チャルレ・アランギス
(エリック・プルガル)
ペドロ・エンリケス
(エステバン・パレーデス)
ホルヘ・バルディビア
ガブリエウ・ジェズス FW エドゥアルド・バルガス
アレクシス・サンチェス
パウリーニョ 54
ガブリエウ・ジェズス 56
ガブリエウ・ジェズス 92
ゴール
ネイマール
フィリッピ・コウチーニョ
イエロー
カード
マウリシオ・イスラ
アレクシス・サンチェス
チッチ 監督 ファン・アントニオ・ピッツィ
主審: ロディ・サンブラーノ (エクアドル)
会場: アレーナ・パウメイラス (サンパウロ)
2017.10.10

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。