FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会 南米予選

最後に真価を発揮した千両役者 メッシの3点で逆転勝利を収めたアルゼンチンが予選突破

FIFAワールドカップ南米予選 第18節 エクアドル 1-3 アルゼンチン
▲ ゴールを決めたメッシがルーカス・ビリアと抱き合って喜ぶ場面
2018年ロシア大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2017年10月10日に第18節が各地で行われた。エクアドルの首都キトで行われた「エクアドル×アルゼンチン」は、リオネル・メッシのハットトリックによってアルゼンチンが敵地で逆転勝利を収めた。

すでにエクアドルの敗退が決まっているのもあって空席の目立ったスタジアムで行われた一戦で、先制したのはエクアドル。ハビエル・マスチェラーノがヘディングでクリアしたボールをロマーリオ・イバーラがヘディングでインターセプトすると、ロベルト・オルドニェスが頭で落として最後はロマーリオ・イバーラが左足でゴールに流し込んだ。キックオフから38秒後のゴールで、エクアドルが先制した。

いきなり失点したことでアルゼンチンには不穏な空気が漂ったものの、それを払拭したのは10番の左足。11分、カウンターを仕掛けたメッシが前線の左を走るアンヘル・ディ・マリアへパスを出すと、ディ・マリアはペナルティエリアで中央に折り返して、メッシが左足のアウトサイドキックでゴールに流し込んだ。

▲ 試合後、自国のサポーターに笑顔で予選突破を報告したアルゼンチン代表の選手たち
勝利を渇望するアルゼンチンは、攻撃の手を緩めない。すると19分に、前線で相手に奪われかけたボールを奪い返して最終ラインを突破したリオネル・メッシが、ペナルティエリアに入って得意の左足でゴールネットに突き刺し逆転に成功した。

緊迫した攻防は後半も続き、敗退が決まっていても一矢を報いたいエクアドルはセットプレイなどで追いつこうとしたが、追加点を奪えない。するとアルゼンチンは61分に追加点を奪取。自陣からのクリアボールを前線でトラップしたリオネル・メッシがドリブルを仕掛けると、ペナルティアークからペナルティエリアに入ったところで左足でループシュートを決めて、メッシはハットトリックを達成した。

4戦未勝利と勝ちきれない試合が続いた結果、アルゼンチン代表は6位に転落したが、最後の最後で勝ち点3を得たことで南米予選を3位でフィニッシュ。アルゼンチンはプレイオフにも回ることなく、ロシア大会への出場権を獲得した。

FIFAワールドカップ南米予選 第18節 (2017/10/10)
エクアドル 1-3 アルゼンチン
マキシモ・バンゲーラ GK セルヒオ・ロメーロ
ペドロ・ベラスコ
ダリオ・アイマール
ロベルト・アルボレーダ
クリスティアン・ラミーレス
DF ガブリエル・メルカード
ハビエル・マスチェラーノ
ニコラス・オタメンディ
ジェフェルソン・イトリアーゴ
(ジョニー・ウチュアーリ)
ジェフェルソン・オレフエーラ
ロマーリオ・イバーラ
アレックス・イバーラ
MF ルーカス・ビリア
エンソ・ペレス
エドゥアルド・サルビオ
(フェデリコ・ファシオ)
マルコス・アクーニャ
ホセ・セバージョス
(エネル・バレンシア)
ロベルト・オルドニェス
(ミチャエル・エストラーダ)
FW リオネル・メッシ
ダリオ・ベネデット
(マウロ・イカルディ)
アンヘル・ディ・マリア
(レアンドロ・パレーデス)
ロマーリオ・イバーラ 01 ゴール 11 リオネル・メッシ
19 リオネル・メッシ
61 リオネル・メッシ
ホセ・セバージョス イエロー
カード
マルコス・アクーニャ
ルーカス・ビリア
ハビエル・マスチェラーノ
パトリシオ・ララ 監督 ホルヘ・サンパオリ
主審: アンデルソン・ダロンコ (ブラジル)
会場: エスタディオ・アタウアルパ (キト)
2017.10.10

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。