FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会 南米予選

ルイス・スアーレスは2ゴール 手堅く勝ったウルグアイが順当にワールドカップ出場決定

FIFAワールドカップ南米予選 第18節 ウルグアイ 4-2 ボリビア
▲ 41分にヘディングで逆転のゴールを決めたエディンソン・カバーニはユニフォームのロゴを咥えてスタンドの歓声に応える
2018年ロシア大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2017年10月10日に第18節が各地で行われた。ウルグアイの首都モンテビデオで行われた「ウルグアイ×ボリビア」は、ルイス・スアーレスの2ゴールなどでウルグアイが快勝した。

3日前の報道にあった通りベンタンクールとアラスカエータの2人をスタメンで起用したウルグアイは、立ち上がりから怒濤の攻撃を展開。ところが23分にボリビアのスローインをマルセーロ・モレーノが頭で流すと、ディエゴ・ゴディンがクリアしようと蹴ったボールがガストン・シルバの太ももに当たってオウンゴールになってしまった。

それでもウルグアイは、嫌な空気を払拭する。まずは39分、右サイドからのパスをファーサイドから上がってきたガストン・シルバがシュートでなくパスで折り返すと、マルティン・カセレスが右足で合わせて同点とした。さらにその2分後には、ガストン・シルバのクロスをエディンソン・カバーニが頭でゴールに叩き込んで逆転に成功。このゴールでエディンソン・カバーニは、南米予選の得点王を確実にした。

▲ 後半に2ゴールを決めたルイス・スアーレス
後半、ボリビアは早めの選手交代に打って出たが、ウルグアイはアラスカエータがボールを弾ませて最終ラインの裏へ送ると、ルイス・スアーレスがペナルティエリアに達して右足のアウトサイドキックでゴールを決めて 3-1 。そして75分には、ペナルティエリアで最終ラインを背にパスを受けたスアーレスが、左に流れながら左足でゴールに沈めて 4-1 とした。

ウルグアイはその後、ファン・カルロス・アルセのアーリークロスからオウンゴールを喫して失点したものの、リードを守りきって勝利。この結果、他会場の結果に関係なくウルグアイは南米予選の2位でワールドカップ出場を決定させた。

試合後のセンテナリオでは、ウルグアイの予選突破を祝して夜空に花火が打ち上がった。足を悪くしていて杖をついているオスカル・タバーレス監督は、プレイオフに回らず予選突破を決めたことに満足げな表情を浮かべていた。

FIFAワールドカップ南米予選 第18節 (2017/10/10)
ウルグアイ 4-2 ボリビア
フェルナンド・ムスレーラ GK カルロス・ランペ
マルティン・カセレス
ホセ・マリア・ヒメーネス
ディエゴ・ゴディン
ガストン・シルバ
(マキシミリアーノ・ペレイラ)
DF ディエゴ・ベハラーノ
ファン・バルベルデ
ロナール・ラルデス
ジョルディ・カンディア
ホセ・サグレード
フェデリコ・バルベルデ
(クリスティアン・ロドリゲス)
マティアス・ベシーノ
ロドリーゴ・ベンタンクール
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
(ニコラス・ロデイロ)
MF ラウール・カストロ
(レオネル・フスティシアーノ)
クリスティアン・マチャード
アレハンドロ・チュマセーロ
(ファン・カルロス・アルセ)
ジャスマニー・カンポス
ルイス・スアーレス
エディンソン・カバーニ
FW マルセーロ・モレーノ
(ヒルベール・アルバレス)
マルティン・カセレス 39
エディンソン・カバーニ 41
ルイス・スアーレス 59
ルイス・スアーレス 75
ゴール 23 ガストン・シルバ (オウンゴール)
78 ディエゴ・ゴディン (オウンゴール)
イエロー
カード
ジョルディ・カンディア
オスカル・タバーレス 監督 ディエゴ・ソリア
主審: ヒカルド・マルケス・ヒベイロ (ブラジル)
会場: エスタディオ・センテナリオ (モンテビデオ)
2017.10.10

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。