CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2017

ラヌースの指揮官は主審への不満を口にしつつも冷静に分析 「チームは順調。我々は強い」

ラヌースのホルヘ・アルミロン監督のリベルタドーレス決勝 1st.Leg 試合回顧
▲ 決勝 1st.Leg を冷静に振り返ったラヌースのホルヘ・アルミロン監督
リベルタドーレスの決勝 1st.Leg を終えて、主審への不満を抱いたのはグレミオの陣営だけではなかった。敗れたラヌースを指揮しているホルヘ・アルミロン監督もまた、主審のジャッジに対して不満を抱いていた。

同監督が言及しているのは、後半のアディショナルタイムのこと。ディエゴ・ブラギエーリにイエローカードが出されたのは、チリ人主審フリオ・バスクニャン氏の誤解だと主張した。ただその一方では、主審に対して激高しているグレミオにも言及して、相手が主張していたPKについては「騒ぎ立てるほどの誤審ではない」と言い切った。

0-1 で敗れた試合の内容について、同監督は悲観することなく冷静に分析した。
「我々はいつも通りの戦いができていた。前半はとくに守備が良かったが、後半に疲れが出てしまった。それでもチームは順調にきているし、スタジアムが変わればもっと良い試合ができるだろう」

インタビューを終える前に、同監督は 1st.Leg での選手のパフォーマンスに満足していることを強調して、「大丈夫だ。ラヌースは強い」と締めくくった。

◆ ホルヘ・アルミロン
本名:ホルヘ・フランシスコ・アルミロン
1971年6月19日生まれ(46歳)
出身:アルゼンチン(首都ブエノスアイレス)
身長:185cm
現役時代のポジション:ミッドフィールダー
現役時代は1991年に地元のサン・ミゲルでデビュー。1994年にチリへ渡ると、一旦帰国したのち1997年からは現役を退く2009年までメキシコのチームを渡り歩いた。2008年にドラードス・デ・シナロア(メキシコ)でプレイングマネージャーとして監督業を開始。以降、アルゼンチンとメキシコで複数のチームを指揮した。2015年からはラヌースを率いている。愛称は「ネグロ」。

2017.11.22

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。