CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2017

1995年以来となる22年ぶりのリベルタドーレス優勝に湧くポルト・アレグレのグレミスタ

グレーミオのリベルタドーレス優勝を受けて盛り上がるポルト・アレグレの街中
▲ 応戦するチームのリベルタドーレス優勝を受けてお祭りムードのグレミスタ
南米王者が決まった29日の夜、ブラジル南部の大都市ポルト・アレグレはお祭りムードに包まれた。グレーミオの南米制覇を祝って街に繰り出したグレミスタ(グレーミオのサポーター)は3万人を超えて、街は水色と白で彩られた。

グレーミオのホームスタジアムであるアレーナ・ド・グレーミオでは、決勝 2nd.Leg のパブリックビューイングが実施されて多くのグレミスタが詰めかけた。そして街の中心部のゴエーチ通りにも巨大スクリーンが設置されて、市民が大一番を観戦した。

当日、ブラジル国内の twitter では、ラヌース、ヘナット・ガウーショ、レオナルド・モウラ、グレーミオ、リベルタドーレス、マルセーロ・グローイ、ペドロ・ジェロメウなどのワードがトップ10に浮上。とりわけ、現役時代も活躍しただけでなく監督としても偉業を達成したヘナット・ガウーショ監督に対しては、まるでアイドルを応援するかのようなファンの熱気まで生まれていた。

グレーミオが2017年の南米王者に輝いた経緯は、奇跡に近いものだった。2016年のブラジレイロンでは9位とリベルタドーレス出場権の圏外だったが、同年の国内カップ戦(コパ・ド・ブラジウ)を優勝したことでリベルタドーレスにグループリーグから参戦。グループ8を首位通過すると、決勝トーナメントでも手堅く勝ち上がった。決勝トーナメントで唯一苦戦したのは、ボタフォゴとの準々決勝(2試合合計スコア 1-0 )だった。

22年前はトヨタカップ出場のため来日したグレーミオは、クラブワールドカップでどのような成績を残すのか。

2017.11.29

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。