Seleccion Nacional de Peru ペルー代表

薬物疑惑の原因は“お茶” ペルーが誇るエースストライカーに無罪放免の可能性高まる

薬物使用疑惑により大陸間プレイオフに出場できなかったペルー代表FWパオロ・ゲレーロの続報
▲ 薬物使用疑惑で現在すべての公式戦に出場できていないペルー代表FWパオロ・ゲレーロ
ペルー代表FWパオロ・ゲレーロにかけられていた薬物使用疑惑について、無罪となる公算が高くなった。

ゲレーロは南米予選のアルゼンチン戦後にドーピング検査による陽性反応が出たことで、30日間の出場停止処分を受けた。所属するフラメンゴはもちろん、ペルー代表としても試合に出られず、ペルーは大陸間プレイオフをエースストライカー不在で戦う羽目になった。それでもペルーは、プレイオフを制して36年ぶりのワールドカップ出場を叶えた。

30日にスイスのチューリッヒで行われたFIFAの懲戒裁判で、ゲレーロの担当弁護士は「禁止薬物の成分はゲレーロの体内から検出されたものの、それはアルゼンチン戦の直前に節酒したお茶によるもの」との鑑定結果を提出。ゲレーロにコカインの使用は確認できなかったと結論づけた。

4時間続いた参考人招致の席で、弁護士は終始ゲレーロの無罪放免を主張。結果は来週発表される予定となっていて、弁護士サイドはゲレーロの無罪に自信をのぞかせている。

2017.11.30

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。