Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

シャペコエンセがリベルタドーレス出場権を獲得 カズの古巣コリチーバはセリエB降格

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第38節 シャペコエンセ 2-1 コリチーバ
▲ 勝ってリベルタドーレス出場権を獲得したことを受けて、試合後に救護車に乗っかって喜ぶGKジャンドレイ(左)ら
12月3日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2017 の第38節。サンタ・カタリーナ州のシャペコーで行われた「シャペコエンセ×コリチーバ」は、シャペコエンセが土壇場で逆転勝利を収めた。

残留のためには負けられないコリチーバは14分、ペナルティエリアの手前で左足を振り抜いたクレーベルのシュートがゴールネットに突き刺さり先制した。

しかしリベルタドーレス出場権獲得のために勝ち点3が欲しいシャペコエンセは、前半のうちに追いついた。36分、アポジのスローインを右サイドでトラップしたエリカルロスがアーリークロスを上げると、これがキーパーの頭上を超えてファーサイドのポストに当たって上でゴールラインを割った。

試合は 1-1 で後半のアディショナルタイムに突入。引き分けの様相が色濃くなった94分になって、シャペコエンセが勝ち越しに成功した。元アルゼンチン代表MFエクトル・カンテロスが最終ラインの裏を狙って浮き球のパスを送ると、ゴール前に飛び出したアポジが飛び出したキーパーをリフティングで翻弄して、最後はトゥーリオ・ジ・メロがヘディングで無人のゴールに押し込んだ。

▲ チームの躍進を喜ぶシャペコエンセのサポーター
試合後、アタッカンチとしてチームの再建の一端を担ったウェウリントン・パウリスタは、「昨年の墜落事故を受けてシャペコエンセを助けたい一心でここに移籍して、とても歓迎された。それ私だけでなく他の選手も同様だった。私はこのチームを再建させるために協力できたと思っている。シャペコーはシャペコエンセという偉大なクラブを有する価値のある都市だ」と述べた。

勝利への執念が実って勝ち点3を獲得したシャペコエンセは、リベルタドーレス予備戦の出場権を獲得。一方、勝ち点を逃したコリチーバは得失点差で17位に転落してセリエB降格が決まってしまった。コリチーバは、1989年にカズこと元日本代表FW三浦知良が所属・活躍したパラナー州の名門。

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第38節 (2017/12/03)
シャペコエンセ 2-1 コリチーバ
ジャンドレイ GK ウィウソン
アポジ
ドウグラス
ファブリッシオ・ブルーノ
ヘイナウド
DF レオ
タリソン・ケウベン
クレーベル・ヘイス
チアゴ・カルレート
エリカルロス
(ホドリーゴ・ペレジーニョ)
モイゼス・ヒベイロ
ジョアン・パウロ
(ナジソン)
エクトル・カンテロス
アルトゥール
MF ジョナス
ビクトル・カルバーリョ
(アンデルソン)
チアゴ・ヘアウ
ダニエウ
(イアゴ)
ウェウリントン・パウリスタ
(トゥーリオ・ジ・メロ)
FW ヒウド
(ケイヒソン)
クレーベル
エリカルロス 36
トゥーリオ・ジ・メロ 90+4
ゴール 14 クレーベル
ジョアン・パウロ
ファブリッシオ・ブルーノ
ヘイナウド
イエロー
カード
チアゴ・カルレート
ジョナス
ジウソン・クレイナ 監督 マルセーロ・オリベイラ
主審: ルイス・フラービオ・ジ・オリベイラ
会場: アレーナ・コンダー (シャペコー)
2017.12.03

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。