FIFA Club World Cup 2017 FIFAクラブワールドカップ 2017

決勝進出を決めた南米王者の指揮官 「勝利をもたらしてくれた選手を誇りに思う」

南米王者グレミオのヘナット・ガウーショ監督が準決勝のパチューカ戦を振り返る
▲ 試合後に120分間を戦った選手を労うヘナット・ガウーショ監督(中央)
12日に行われたFIFAクラブワールドカップの準決勝を制したグレミオ。チームを率いるヘナット・ガウーショ監督は、パチューカ戦での困難さを強調した上で、選手のパフォーマンスを褒め称えた。

「簡単な試合などないし、事実パチューカは強かった。最後までハラハラしたが、勝利と決勝進出を実現できたのが最も重要だ。私はどの試合でも敬意を抱いて臨んでいるし、今日の試合で勝利をもたらしてくれた選手たちを誇りに思う」

一方で、パチューカ戦の試合中には不安もあったようで、同監督は前半の内容に苦言を呈した。
「立ち上がりはみんな動きが硬かったし、思うような試合運びではなかった。らしくないミスも少なくなかった。無失点でハーフタイムを迎えられてよかった」

一方では「我々のフットボールはピッチ上で美しい」と決勝進出を決めた喜びも忘れなかったヘナット・ガウーショ監督。真剣に優勝を目指している意向を示して、会見を締めくくった。

2017.12.12

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。