Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

2大チームの人気は健在 フラメンゴとコリンチャンスの人気は20世紀の読売巨人軍のよう

Globoesporte と facebook が共同で行ったブラジルの人気チームに関するインターネットリサーチ
▲ ブラジルでの人気分布図
ブラジル国内で多くのサポーターがいる人気のクラブチームは、フラメンゴとコリンチャンス。サポーターの分布図にすると、二者が他を圧倒していることがよくわかる。

この調査はブラジルのスポーツサイト「Globoesporte」と facebook が共同で行ったインターネットリサーチで、20日にその全容が発表された。

地域ごとで二大人気チームを色分けしてみると、最も目立つのは「コリンチャンスとフラメンゴ」の黄色いエリア。アマゾンの奥地へ進むと「フラメンゴとバスコ・ダ・ガマ」や「フラメンゴとサンパウロ」なども目立つ。

基本的にはブラジレイロン・セリエAのチームがあるところでは“地元愛”が目立つ。リオ・デ・ジャネイロ州の北にあるミナス・ジェライス州では地元の「アトレチコ・ミネイロとクルゼイロ」の2強が、そしてウルグアイと隣接する南部のリオ・グランジ・ド・スウ州では「グレミオとインテルナシオナウ」の2強が州内での人気を誇っている。

ところが、東部バイーア州や北東部のペルナンブーコ州、セアラー州などに目を向けると、ホームタウンから離れた郊外の住民は「コリンチャンスとフラメンゴ」のどちらかを応援している層が多いことがわかる。全国的に指示される傾向は、日本のプロスポーツに例えるならば『20世紀の読売ジャイアンツ』に近いものがある。とりわけコロンビアやベネズエラに近い地域にまでその名を轟かせるフラメンゴの人気は相当なものだ。

シャペコエンセについては2016年11月に発生した墜落事故の悲劇を受けて「応援したい」と感じる人々が急増したようで、首都ブラジリアにおける指示チームにも、クルゼイロやフルミネンセを押しのけて7位にシャペコエンセの名前がある。

人気順にフラメンゴ、コリンチャンス、サンパウロ…と続いた今回の調査。フラメンゴとコリンチャンスに人気があることは広く知られるところだが、今回の調査で改めてそれが浮き彫りになった形だ。

▲ ブラジルでの人気分布図(拡大版)

2017.12.20

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。