Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018

事件と事故の両面を防ぐべく禁止されていたアウェイサポーターの入場が来季から承認へ

アルゼンチンのトップリーグにおけるアウェイチームのサポーター入場規制緩和について
▲ 26日に行われたアウェイサポーターの入場規制緩和に関する会議の様子
ロシア大会終了後には、再びアルゼンチンのアウェイサポーターに生観戦の権利が与えられそうだ。AFA(アルゼンチンサッカー協会)が、2018-2019シーズンから国内リーグの試合でアウェイサポーターも入場可能となるよう、法改正に着手していることを明らかにした。

この事案は、AFAのクラウディオ・タピア会長とスーペルリーガ運営組織のマリアーノ・エリソンド会長などが同席して開かれた会議で、「より公平に多くの人々がアルゼンチンサッカーを楽しんでもらうため」にアウェイサポーターの入場規制を緩和するという。

度重なる暴動を理由に2013年7月からアウェイサポーターの入場を原則禁止にしていたアルゼンチンの国内リーグだが、実は 2016-2017シーズンから特定の試合に限り試験的にアウェイサポーターの入場規制緩和を始めていた。直近の数年でサポーターのマナーが劇的に向上した裏付けは確認できていないものの、カーサのインチャ(ホームのサポーター)以外の観客にも入場を認めることで、リーガの安全性を世界に示したい考えもあるとみられる。

会議では「家族連れの安心が担保されるくらい、観客全員の安全が保証されることが重要。暴力のないより良きサッカーを目指す」との見解で全会一致したとのこと。その通りになるか否かは、現時点では不透明だが…。

2017.12.26

★アルゼンチン1部リーグの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。