Seleccion Nacional de Argentina アルゼンチン代表

娘の結婚式の夜に泥酔して警官を罵倒 当事者のサンパオリ監督は後日猛省の弁

アルゼンチン代表のホルヘ・サンパオリ監督が娘の結婚式の夜に泥酔して警官を罵倒した件
▲ 24日の未明になだめる警官に向けて罵倒したとされるホルヘ・サンパオリ監督の現場写真
アルゼンチン代表監督が、故郷で汚点を残してしまった。アルゼンチン国内の複数のメディアは24日、ホルヘ・サンパオリ監督が乗車中の車を警官に制止されたことに立腹して、警官を罵倒するなどの悪態をついたと報じた。

報道によると、騒動が起こったのはクリスマスを目前に控えた12月23日の夜のこと。同日にサンパオリ監督の故郷カシルダで自身の娘が結婚式を挙げて、その式には新婦の父である同監督も出席した。その席で気分が高揚してお酒を飲み過ぎたと思しきサンパオリ監督は、結婚式を終えると友人・親戚と一つの車に乗り込んで移動。すると、ほどなくして警察官が同監督らの乗る車を制しさせたという。このときすでに午前0時を超えてクリスマスイブになっていた。

警官が車を制止させた理由は、法定乗車定員を超える7人が乗っていたためで、警察は粛々と公務を執行しただけだった。ところが、泥酔していたとみられるサンパオリ監督は自身にアルコール検査がなされたことに激高したのか、同乗者に制止されながら警官に向かって暴言を吐いた。
「てめぇらなんて月100ペソ(日本円で約600円超)しか稼いでないだろ!」

▲ アルゼンチン代表のホルヘ・サンパオリ監督は故郷での泥酔騒動を翌日に謝罪した
一連の出来事はすぐにアルゼンチン国内で報じられて、スキャンダルになった。すると26日、サンパオリ監督は自身の言動への反省と謝罪を口にした。

「私のしでかしたことは正しいなんて言えない。私の信念とはかけ離れたことを口にしてしまった。先日私の乗った車を止めた警官の仕事は、非常に重要な仕事であると理解している。あるまじき言動について心から謝罪したい。それと、私は給料の額で人の仕事を差別するような価値観を持っていないことを理解してもらいたいと思っている。警官の皆さんにはもちろん、社会全体に向けてお詫びする」

サンパオリ監督は心底後悔しているようだが、この謝罪によって事態の沈静化は図れるか。

◆ ホルヘ・サンパオリ
本名:ホルヘ・ルイス・サンパオリ・モーヤ
1960年3月13日生まれ(57歳)
出身:アルゼンチン(サンタフェ州カシルダ)
身長:167cm
現役時代のポジション:ボランチ
ニューウェルス・オールドボーイスの下部組織にいたが、足の故障により19歳で選手生活を終了。1994年から監督としてのキャリアをスタートさせた。2012年にチリ代表監督に就任すると、2015年にはコパ・アメリカ優勝へと導いた。その後、セビージャ(スペイン)の監督を経てアルゼンチン代表監督に就任。

2017.12.26

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。