Seleccion Nacional de Chile チリ代表

大陸王者の復活を託されたコロンビアの名将がフラメンゴを去ってチリ代表の指揮官に

ANFP(チリプロサッカー協会)がレイナルド・ルエーダ氏のチリ代表監督就任を発表
▲ チリ代表監督就任に伴いフラメンゴを去ったコロンビア人のレイナルド・ルエーダ氏
ANFP(チリプロサッカー協会)は8日、コロンビア人監督のレイナルド・ルエーダ氏にチリ代表の指揮を任せることを発表した。

今回の決定について、ANFPのアンドレス・ファシオ副会長は「この契約はルエーダ氏にとって満足のいくもので、契約期間はカタール大会の2022年7月まで。我々もチリ代表を強化するために全力でサポートしたい」と述べた。

同氏にはチリ代表以外にも複数の監督就任要請が届いていたが、同氏の意向によりチリ代表を指揮することが決定。これに伴い、フラメンゴに帯同させていたコーチ2名も同様の理由でチリ代表チームに従事することになった。

翌2019年にはコパ・アメリカが開催されることも見越して、そこでも同氏の手腕に託したい協会の希望もあるとみられる。

なお、同氏のチリ代表監督就任が決まると、フラメンゴは水面下で交渉を進めていたパウロ・セーザル・カルペジャーニ氏の監督就任を発表したが、フラメンギスタ(フラメンゴのサポーター)の多くは今回の監督交代に不満を抱いているという。

◆ レイナルド・ルエーダ
本名:レイナルド・ルエーダ・リベーラ
1957年4月16日生まれ(60歳)
出身:コロンビア(カリ)
身長:173cm
現役時代のポジション:
ドイツ体育大学ケルンに入学して、ドイツ語と体育学位を習得。その後コロンビアの学校などで大学教授にもなった。コロンビア国内のクラブチームをいくつか指揮したのち、2000年にU-21コロンビア代表監督に就任した。。一時期はサッカー日本代表の新監督候補にも名前が挙がったことのある人物。

2018.01.08

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。