Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

ジャジソンの2ゴール目はスルーパスがそのままゴールへ コリンチャンスは今季初勝利

カンピオナート・パウリスタ 2018 第2節 サン・カイターノ 0-4 コリンチャンス
▲ この試合で2ゴールを決めた元ブラジル代表MFジャジソン(左)
1月20〜22日に行われたカンピオナート・パウリスタの第2節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「サン・カイターノ×コリンチャンス」は、元ブラジル代表MFジャジソンの2ゴールなどでコリンチャンスが快勝した。

この試合は日没前に始まったが、6分にパカエンブーの発電機が2機故障したことによる照明施設の停電が発生。発電機の復旧に時間がかかり、28分間中断する羽目になった。

コリンチャンスは試合が再開してすぐに速攻で相手陣内を上がると、右サイドでパスを受けたパラグアイ代表FWアンヘル・ロメーロがペナルティエリアで右足を振り抜いたが、シュートはキーパーに阻まれる。12分にはホドリギーニョが二度シュートを放ったが、1本目のシュートは相手に当たり、2本目はキーパーが両手で弾き出した。それでも16分、ダイレクトパスをつないでペナルティアークまで運んだボールをジャジソンが右足でゴール左隅に沈めて、コリンチャンスが先制した。

後半、サン・カイターノは61分にセットプレイから相手のオウンゴールを誘ったが、ファーサイドでボールに反応したドミンゲスがオフサイドポジションにいたため、同点ゴールは幻に。すると判定にも救われたコリンチャンスは、その直後に相手のクリアミスをジュニオール・ドゥトラが右足でゴールに流し込んでリードを広げた。

74分にはジャジソンのスルーパスに反応したジュニオール・ドゥトラがキーパーと1対1になりながらボールに届かなかったが、ジュニオール・ドゥトラを警戒したキーパーは一旦左半身に重心をかけたがためにボールへの反応が一歩遅れてしまい、ゴールを許してしまった。

86分には左サイドからクレイソン、ジュニオール・ドゥトラ、カマーショとボールをつないでゴール前に運ぶと、最後はアンヘル・ロメーロが右足ボレーでゴールネットを揺らして勝利を確実にした。

カンピオナート・パウリスタ 2018 第2節 (2018/01/21)
サン・カイターノ 0-4 コリンチャンス
エウトン・レイチ GK カッシオ
ペドロ
ドミンゲス
サンドバウ
ブルーノ・ヘシフィ
DF ファギネル
ファビアン・バルブエーナ
ペドロ・エンリーキ
ジュニーニョ・カピシャーバ
マリーノ
ヘージス
ニウチーニョ
(マルロン)
エズレイ
(ビニシウス・キッス)
シキーニョ
(パウリーニョ)
MF ガブリエウ
(マイコン)
アンヘル・ロメーロ
ジャジソン
ホドリギーニョ
(カマーショ)
クレイソン
カルロン FW カジン
(ジュニオール・ドゥトラ)
ゴール 16 ジャジソン
62 ジュニオール・ドゥトラ
74 ジャジソン
86 アンヘル・ロメーロ
シキーニョ イエロー
カード
ガブリエウ
ルイス・カルロス・マルチンス 監督 ファービオ・カリーリ
主審: フラービオ・ホドリゲス・ジ・ソウザ
会場: エスタジオ・ド・パカエンブー (サンパウロ)
2018.01.21

★ミナス・ジェライス州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。