Copa Sao Paulo de Futebol Junior 2018 コパ・サンパウロ・ジ・フチボウ・ジュニオール 2018

4年前には柏レイソルも参加した大会 ジーコの古巣フラメンゴが2年ぶり4度目の優勝

コパ・サンパウロ・ジ・フチボウ・ジュニオール 2018 決勝 サンパウロ 0-1 フラメンゴ
▲ モルンビーで優勝トロフィーを掲げて喜ぶフラメンゴの選手たち
1月25日に行われたコパ・サンパウロ・ジ・フチボウ・ジュニオール(サンパウロ杯ジュニアサッカー選手権大会)の決勝。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「サンパウロ×フラメンゴ」は、フラメンゴが接戦を制して優勝した。

試合は、フラメンゴが開始早々に先制。2分にコーナーキックを得ると、ウェンデウが頭で合わせてゴールネットを揺らした。

サンパウロは5分にフリーキックでチャンスメイクすると、8分にはトロが飛び出したキーパーの脇をすり抜けるシュートをうったが、ボールはファーサイドのゴールポストに当たってしまう。その後もサンパウロは立て続けにチャンスを作ったが、ゴールを奪えずハーフタイムを迎えた。

後半もサンパウロは前がかりに攻め込み、何度も相手ゴールに襲いかかる。サンパウロは後半だけでも10回以上の決定機を演出したが、相手守護神のファインセーブなどもあって1点が遠かった。

コパ・サンパウロ・ジ・フチボウ・ジュニオールは、20歳以下の選手のみで組織されたチームによるブラジル国内の全国大会で、2014年には日本から柏レイソルのユースも参加した大会。2018年は128チームが32グループに分かれて戦い、勝ち上がった64チームがトーナメント形式で優勝を目指す。時折波乱も起こるが、ブラジレイロンのセリエAに属するチームの下部組織が毎年好成績を収めている。
歴代優勝回数はコリンチャンスの10回が最多で、以下フルミネンセ(5回)、インテルナシオナウ、フラメンゴ(以上4回)、サンパウロ、サントス、アトレチコ・ミネイロ(以上3回)と続く。

2018年大会に好成績を収めたチームは、下記の通り。
優勝:フラメンゴ
準優勝:サンパウロ
ベスト4:インテルナシオナウ、ポルトゥゲーザ
ベスト8:サントス、ビットーリア、アバイー、パウメイラス
ベスト16:アトレチコ・パラナエンセ、デスポルチーバ・パラナエンセ、クルゼイロ、ロンドリーナ、コリンチャンス、アウダックス・サンパウロ、バスコ・ダ・ガマ、ゴイアス


【関連記事】 日本から参戦の柏レイソルが勝ち上がり 次はサントスと対戦予定 (2014年1月13日掲載)
【関連記事】 ビラ・ベウミーロでサントスが4得点 柏レイソルは健闘虚しく敗退 (2014年1月20日掲載)

コパ・サンパウロ・ジ・フチボウ・ジュニオール 2018 決勝 (2018/01/25)
サンパウロ 0-1 フラメンゴ
ジュニオール GK イアゴ
トゥッタ
ワウシ
ホドリーゴ
ブルーノ・ジッピ
DF ベルナルド
(パトリッキ・バウベルジ)
ダンタス
パトリッキ
パブロ
(ミシャエウ)
ルアン
リジエーロ
ガブリエウ・サラ
(ファビーニョ)
MF ウーゴ・モウラ
テオ
ペペ
(アデルラン)
イゴール
トロー
(オリベイラ)
エリーニョ
FW ルーカス・シウバ
ウェンデウ
(ルイス・エンリーキ)
ビウ
ゴール 02 ウェンデウ
主審: ルーカス・カネット・ベロッチ
会場: エスタジオ・ド・モルンビー (サンパウロ)
2018.01.25

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。