Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

今季無敗だったパウメイラスがデルビー・パウリスタで初黒星 コリンチャンスが勝利

カンピオナート・パウリスタ 2018 第9節 コリンチャンス 2-0 パウメイラス
▲ 39分に先制のゴールを決めてコリンチャーノの埋めるスタンドへ駆け寄るホドリギーニョ
2月24〜25日に行われたカンピオナート・パウリスタの第9節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われたクラシコ「コリンチャンス×パウメイラス」は、ホドリギーニョの技ありゴールなどでコリンチャンスが勝利を収めた。

6分に元ブラジル代表MFジャジソンの直接フリーキックで決定機を作ったコリンチャンスに対し、パウメイラスは19分にコロンビア代表FWミゲル・アンヘル・ボルハがゴール前に進出してシュートに持ち込み、応戦した。

コリンチャンスが先制したのは、39分。ガブリエウ、マイコンとつないだボールがホドリギーニョの足元に渡ると、ホドリギーニョはペナルティアークでシュートフェイントを入れて2人を欺いてシュートコースを作り、左足でゴール左隅に流し込んだ。

後半、パウメイラスは54分にブラジル代表MFルーカス・リーマのスルーパスで決定機を演出したが、最終ラインの裏へ飛び出したボルハより先にGKカッシオが飛び出してシュートを打たせなかった。

コリンチャンスは60分に味方のシュートのこぼれ球にヘネ・ジュニオールが反応したが、シュートは飛び出したキーパーによって阻まれた。ところが、その際にGKジャイウソンが勢い余って高く上げてしまった左足がヘネ・ジュニオールの上半身を蹴り上げる形になり、主審はコリンチャンスにPKを与えただけでなく、GKジャイウソンにレッドカードを突きつけた。その結果、パウメイラスはルーカス・リーマに代えてGKフェルナンド・プラスを投入せざるをえない状況に陥った。

コリンチャンスはここでPKを決めれば勝利に近づけたが、ジャジソンが蹴ったPKはゴール右隅を狙いすぎて枠を逸れてしまう。それでも優位に試合を運ぶと、81分にペナルティエリアで二人に挟まれたホドリギーニョが、ドゥドゥの足に掛かって転倒。このファウルで得たPKをクレイソンが難なく決めて、リードを広げた。

コリンチャンスはクラシコを制してグループ首位固めへ。一方、無敗を続けていたパウメイラスは今季初黒星を喫した。

カンピオナート・パウリスタ 2018 第9節 (2018/02/24)
コリンチャンス 2-0 パウメイラス
カッシオ GK ジャイウソン
ファギネル
ファビアン・バルブエーナ
エンリーキ
マイコン
DF マルコス・ホッシャ
アントニオ・カルロス
チアゴ・マルチンス
ミシェウ・バストス
ヘネ・ジュニオール
ガブリエウ
ジャジソン
(マテウス・ビタウ)
ホドリギーニョ
クレイソン
(ジュニオール・ドゥトラ)
MF フェリッピ・メロ
チェ・チェ
(ケーノ)
ルーカス・リーマ
(フェルナンド・プラス)
アンヘル・ロメーロ
(ルッカ)
FW ウィリアン
(グスターボ・スカルパ)
ミゲル・アンヘル・ボルハ
ドゥドゥ
ホドリギーニョ 39
(PK) クレイソン 83
ゴール
クレイソン
ファギネル
イエロー
カード
ルーカス・リーマ
ドゥドゥ
ミゲル・アンヘル・ボルハ
レッド
カード
ジャイウソン
ファービオ・カリーリ 監督 ホージェル・マシャード
主審: ハファエウ・クラウス
会場: アレーナ・コリンチャンス (サンパウロ)
2018.02.24

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。