Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

好調“ガビゴウ”が4試合連続ゴール 攻め続けたサントスは点差以上の内容で手堅く勝利

カンピオナート・パウリスタ 2018 第9節 サントス 2-0 サント・アンドレ
▲ 73分に先制のゴールを決めたブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザ
2月24〜25日に行われたカンピオナート・パウリスタの第9節。サンパウロ州のサントスで行われた「サントス×サント・アンドレ」は、ブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザのゴールなどでサントスが勝利を収めた。

総合力で上回るサントスは、序盤から圧倒的に攻め込んで多くのチャンスを作った。一方、サント・アンドレは33分にようやく決定機を演出したが、ペナルティエリアに入って打ったガヘーのシュートは相手に当たった上でキーパーに弾き返された。

後半もボールを支配したサントスは、49分にガブリエウ・バルボーザが、52分にはデイビッジ・ブラスが、さらに59分には再びガブリエウ・バルボーザがシュートを打って相手ゴールに迫る。その後も攻め続けたサントスは73分、エドゥアルド・サッシャのシュートをキーパーが弾いてガブリエウ・バルボーザの腹部に当たったから再びキーパーが弾くと、ルーズボールをガブリエウ・バルボーザが無人のゴールに押し込んで先制した。ガブリエウ・バルボーザはこれで4試合連続ゴールと好調だ。

終盤には相手の最終ラインにプレッシャーをかけたエドゥアルド・サッシャがインターセプトに成功すると、エドゥアルド・サッシャはドリブルでペナルティエリアまでボールを運び、最後は右足でゴールに流し込んだ。

カンピオナート・パウリスタ 2018 第9節 (2018/02/25)
サントス 2-0 サント・アンドレ
バンデルレイ GK ネネーカ
ダニエウ・ゲージス
ルーカス・ベリッシモ
デイビッジ・ブラス
ジェアン・モッタ
DF ドゥドゥ・ビエイラ
ドミンゴス
スエリトン
エリトン
アリソン
レオ・シッタジーニ
(マテウス・ジェズス)
エミリアーノ・ベッキオ
(ビットル・ブエーノ)
MF フラービオ
チンガ
(ジョアンジーニョ)
ガヘー
(パウリーニョ)
ウーゴ・カブラウ
ワウテルソン
(ジョアン・ルーカス)
アルトゥール・ゴメス
エドゥアルド・サッシャ
ガブリエウ・バルボーザ
(ホドリゴ)
FW リンコン
ガブリエウ・バルボーザ 73
エドゥアルド・サッシャ 87
ゴール
ガブリエウ・バルボーザ
アリソン
レオ・シッタジーニ
イエロー
カード
ドミンゴス
フラービオ
ジャイル・ベントゥーラ 監督 セルジオ・ソアーレス
主審: フラービオ・ホドリゲス・ジ・ソウザ
会場: エスタジオ・ビラ・ベウミーロ (サントス)
2018.02.25

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。