CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

富士山の山頂に近い標高でサントスは苦戦 レアル・ガルシラッソが初戦を制す

コンメボル・リベルタドーレス 2018 グループリーグ第1節 レアル・ガルシラッソ 2-0 サントス
▲ ゴールを決めて喜ぶレアル・ガルシラッソのイレブン
2月27日〜3月1日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ第1節。ペルーのクスコで行われた「レアル・ガルシラッソ×サントス」は、レアル・ガルシラッソが白星発進を決めた。

富士山の山頂に近い標高3,399mの街で行われた試合は、開始から前がかりに攻めたレアル・ガルシラッソが7分に先制。左サイドに開いたオスカル・フランコの上げたグラウンダーのクロスに、ジョニー・ビダーレスがゴール前に飛び込み右足で合わせての先制ゴールだった。

サントスは16分に、ダイレクトパスからビッグチャンスを作り出した。エミリアーノ・ベッキオの浮き球のパスでキーパーを引きつけたエドゥアルド・サッシャがボールを折り返してガブリエウ・バルボーザがシュートに持ち込んだが、カバーに戻っていたワディ・アリスメンディに寸前でクリアされた。

レアル・ガルシラッソは25分にセットプレイからチャンスを作ったが、フリーになって右足で合わせたジョニー・ビダーレスのボレーシュートは枠を逸れた。32分にはアルフレード・ラムーアがロングシュートを打つも、枠を捕らえたボールはキーパーがピッチの外に弾き出した。サントスは、守勢を強いられる時間が長く続いた。

日が暮れて迎えた後半も、主導権はレアル・ガルシラッソが掌握。追加点を目指して何度もチャンスメイクすると、88分にアルフレード・ラムーアが右足を振り抜いたミドルシュートが、キーパーの手をかすめてクロスバーに当たり、ゴール内でバウンドした。バウンドしたボールがゴールエリアに戻ってきたため、サントスの守護神バンデルレイはキャッチしてノーゴールを主張したが、レアル・ガルシラッソの2点目は認められた。

コンメボル・リベルタドーレス 2018 グループリーグ第1節 (2018/03/01)
レアル・ガルシラッソ
(ペルー)
2-0 サントス
(ブラジル)
ディエゴ・モラーレス GK バンデルレイ
ワディ・アリスメンディ
ランプロス・コントジャニス
グスターボ・ドゥラント
イバン・サンティラン
DF ダニエウ・ゲージス
デイビッジ・ブラス
ルーカス・ベリッシモ
ジェアン・モッタ
(アルトゥール・ゴメス)
ルイス・アルバレス
ルイス・ガルシア
(ジャン・アルチンバウ)
アルフレード・ラムーア
ジョニー・ビダーレス
フリオ・ランダウリ
(アレクシス・コッシオ)
MF アリソン
ヘナット
エミリアーノ・ベッキオ
(ビットル・ブエーノ)
オスカル・フランコ
(アンヘル・ペレス)
FW ジョナタン・コペーテ
エドゥアルド・サッシャ
(ホドリゴ)
ガブリエウ・バルボーザ
ジョニー・ビダーレス 07
アルフレード・ラムーア 88
ゴール
グスターボ・ドゥラント イエロー
カード
ルーカス・ベリッシモ
エミリアーノ・ベッキオ
オスカル・イバーニェス 監督 ジャイル・ベントゥーラ
主審: ヘリ・バルガス (ボリビア)
会場: エスタディオ・インカ・ガルシラッソ・デ・ラ・ベガ (クスコ)
2018.03.01

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。