Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

元浦和レッズのエメルソンが右足ボレーで決勝点 コリンチャンスはグループ首位を堅守

カンピオナート・パウリスタ 2018 第11節 コリンチャンス 1-0 ミラソーウ
▲ 87分に値千金の先制ゴールをボレーシュートで決めた元カタール代表FWエメルソン(中央)を祝福するマイコン(8番)らコリンチャンスのイレブン
3月7〜8日に行われたカンピオナート・パウリスタの第11節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「コリンチャンス×ミラソーウ」は、元浦和レッズのエメルソンのゴールによって終盤に先制したコリンチャンスが接戦を制した。

バックスタンドには空席が目立った試合は、ゴール裏のサポーターの歓声を浴びてコリンチャンスは前半何度かチャンスメイク。だがゴールを予感させたシュートは、43分にミラソーウのドウグラス・バッジョが右足で放ったミドルシュートだった。このシュートはキーパーが両手で枠外に弾き出した。

0-0 で迎えた後半、コリンチャンスは55分を過ぎたあたりに立て続けにフィニッシュまで持ち込んだが、いずれもゴールに至らない。降着したまま引き分け濃厚と思われたが、スコアボードを動かしたのは58分に投入された元浦和レッズのエメルソンだった。87分、相手陣内でのルーズボールをペナルティエリアの右側でトラップしたエメルソンが、右足ボレーでゴールネットに突き刺した。

▼ 決勝ゴールを決めたエメルソンの試合後インタビュー
「我々は難しい試合になることを知っていた。だからこそ重要なのは、勝つためにきつい時間帯を耐え忍ぶことだった。我々のチームには競争力があるから、皆が切磋琢磨して日々努力している。今日は途中出場ながらゴールを決めてチームに貢献できてうれしい」

カンピオナート・パウリスタ 2018 第11節 (2018/03/07)
コリンチャンス 1-0 ミラソーウ
カッシオ GK フェルナンド・レアウ
ファギネル
ファビアン・バルブエーナ
エンリーキ
シジクレイ
DF ダニーロ・ボーザ
エジソン・シウバ
ウェウリントン
マルロン
ハウフィ
マイコン
ホドリギーニョ
ジャジソン
(エメルソン)
MF ウェウリントン・ヘイス
(ヒッシエーリ)
パウリーニョ
(ルイス・オーヤマ)
シュッシャ
ルッカ
(ペドリーニョ)
クレイソン
(マテウス・ビタウ)
FW ドウグラス・バッジョ
(ダウベルト)
ジウシーニョ
ゼ・ホベルト
エメルソン 87 ゴール
ファギネル
クレイソン
ホドリギーニョ
イエロー
カード
ジウシーニョ
ウェウリントン・ヘイス
エジソン・シウバ
ファービオ・カリーリ 監督 モイゼス・エジェルチ
主審: ビニシウス・ゴンサウベス・ジアス・アラウージョ
会場: アレーナ・コリンチャンス (サンパウロ)
2018.03.07

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。