Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

先制点は元Jリーガーのエジミウソン サンパウロは逆転勝利でグループ首位通過が決定

カンピオナート・パウリスタ 2018 第12節 サンパウロ 3-1 レッドブル・ブラジウ
▲ 71分にゴールを決めたマルコス・ギリェルミ(中央)とそれをアシストしたバウジービア(左)に駆け寄るサンパウロのイレブン
3月11日に行われたカンピオナート・パウリスタの第12節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「サンパウロ×レッドブル・ブラジウ」は、サンパウロが逆転勝利を収めた。

先制点を決めたのは、かつてアルビレックス新潟や浦和レッズなどでも活躍した35歳の元Jリーガー。8分に右サイドからのクロスをエデル・ルイスが胸で後方に落とすと、エジミウソンがペナルティアーク付近で左足を振り抜き、ボールは前に出てきたキーパーの手を弾いてゴールネットに突き刺さった。

ドリーバウ・ジュニオール監督が解任されたばかりのサンパウロは、そこから攻勢に転じて何度もフィニッシュに持ち込んだ。すると31分にジエゴ・ソウザのスルーパスで右サイドを上がったネネがグラウンダーのクロスを上げて、オウンゴールを誘発。1-1 で前半を終えた。

後半はレッドブル・ブラジウが盛り返して、一進一退の攻防になった。拮抗した状況で次のゴールを決めたのはサンパウロで、67分に左サイドからのフリーキックをロベルト・アルボレーダがヘディングでゴールに叩き込んで逆転。さらに71分にはドリブルで左サイドから中央へ移動したバウジービアがループパスで最終ラインの裏へ通すと、ペナルティエリアでトラップしたマルコス・ギリェルミが右足を振り抜いてゴールに沈めた。

この結果、サンパウロはギリギリでグループ首位が決定。グループステージを終えて準々決勝に進むのは、以下の8チームになった。
ブラガンチーノ
コリンチャンス
サン・カイターノ
サンパウロ
ノボリゾンチーノ
パウメイラス
ボタフォゴ・パウリスタ
サントス

カンピオナート・パウリスタ 2018 第12節 (2018/03/11)
サンパウロ 3-1 レッドブル・ブラジウ
ジェアン GK ジュリオ・セーザル
ブルーノ
ロベルト・アルボレーダ
アデルラン
ジュニオール・タバーレス
DF ニニーニョ
チアゴ・アウベス
アンデルソン・マルケス
ブルーノ・ロペス
ペトロス
ペドロ・アウグスト
(リジエーロ)
ネネ
MF アンドレ・カストロ
ハイニ
(ドリーバ)
トマス
(マテウス・オリベイラ)
カイーキ
(バウジービア)
ジエゴ・ソウザ
サンティアゴ・トレージェス
(マルコス・ギリェルミ)
FW クラウジーニョ
エジミウソン
(タタ)
エデル・ルイス
(オウンゴール) ニニーニョ 31
ロベルト・アルボレーダ 67
マルコス・ギリェルミ 71
ゴール 08 エジミウソン
ペドロ・アウグスト イエロー
カード
ハイニ
ニニーニョ
アンドレ・ジャルジーニ 監督 ヒカルド・カタラー
主審: レアンドロ・ビジオ・マリーニョ
会場: エスタジオ・ド・モルンビー (サンパウロ)
2018.03.11

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。