Campeonato Gaucho カンピオナート・ガウーショ

クラシコ3連戦の2試合目はグレミオが快勝 インテルナシオナウは次に3点差を逆転できるか

カンピオナート・ガウーショ 2018 準々決勝 1st.Leg グレミオ 3-0 インテルナシオナウ
▲ 63分に直接フリーキックを決めてチームメイトと喜び合うジャエウ(左)
3月17〜18日に行われたカンピオナート・ガウーショの準々決勝 1st.Leg。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われたクラシコ「グレミオ×インテルナシオナウ」は、グレミオが先勝した。

敵地に乗り込んだインテルナシオナウは2分にチャンスを作ったが、左からのクロスに合わせたホドリーゴ・ドウラードのヘディングシュートはキーパーに両手で弾き返された。22分にはパトリッキが右からのクロスに頭で合わせたが、枠を捕らえたボールはキーパーが右手を伸ばして外に弾き出した。

0-0 のまま前半のアディショナルタイムに突入。スコアレスでハーフタイムを迎える空気を打ち破って先制したのはグレミオだった。48分、ルアンのパスをペナルティエリアで受けたハミーロがすかさず最終ラインとキーパーの間にボールを送ると、ファーサイドから飛び込んだエベルトンが角度のないところから左足でゴールに沈めた。

後半もグレミオが優勢で、試合の流れを変えたいインテルナシオナウは62分にホッジを投入。だがその直後にグレミオは、ジャエウが直接フリーキックをゴール右上に蹴り込んで 2-0 とした。

さらに77分には空中でつないだボールがカウンターになって途中出場のアルトゥールが相手陣内をドリブルで駆け上がると、ペナルティアークでシュートを打って3点目を奪取した。

2nd.Leg はベイラ・リオで行われるが、インテルナシオナウはホームで3点差を挽回できるのか。

カンピオナート・ガウーショ 2018 準々決勝 1st.Leg (2018/03/18)
グレミオ 3-0 インテルナシオナウ
マルセーロ・グローイ GK マルセーロ・ロンバ
レオナルド・モウラ
(ミシェウ)
ペドロ・ジェロメウ
ワルテル・カンネマン
ブルーノ・コルテス
DF エデニウソン
ホドリーゴ・モレード
ビクトル・クエスタ
イアゴ
ジャイウソン
マイコン
(アルトゥール)
ハミーロ
ルアン
MF ホドリーゴ・ドウラード
ガブリエウ・ジアス
(ファビアーノ)
パトリッキ
アンドレス・ダレッサンドロ
エベルトン
(アリソン)
ジャエウ
FW マルシーニョ
(ホッジ)
ニコラス・ロペス
(ホージェル)
エベルトン 45+3
ジャエウ 63
アルトゥール 77
ゴール
エベルトン
ワルテル・カンネマン
イエロー
カード
ビクトル・クエスタ
ガブリエウ・ジアス
エデニウソン
ホッジ
ファビアーノ
ヘナット・ガウーショ 監督 オダイール・エウマン
主審: アンデルソン・ダロンコ
会場: アレーナ・ド・グレミオ (ポルト・アレグレ)
2018.03.18

★リオ・グランジ・ド・スウ州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。