CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

激戦のグループで力強く勝ち上がるリーベル プラットのゴールなどでグループ首位に浮上

コンメボル・リベルタドーレス 2018 グループリーグ第4節 リーベル・プレート 2-1 エメレック
▲ 65分に先制点を決めたルーカス・プラット(右)の肩を抱くラファエル・サントス・ボレー(左)
4月24〜26日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ第4節。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われた「リーベル・プレート×エメレック」は、リーベルがリードを守りきって勝利を収めた。

リーベルは開始2分にいきなりチャンスを作ったが、ルーカス・プラットのシュートはキーパーがキャッチし損ねて後逸したものの、ゴールラインの手前でキーパーが追いかけてキャッチした。12分にはゴンサーロ・マルティネスが左サイドを崩してシュートに持ち込んだが、こちらもキーパーにキャッチされた。25分にはロドリーゴ・モーラが得意の右足で直接フリーキックを打つも、ゴール右隅を狙いすましたシュートはポストをかすめて逸れてしまった。ホームで勝ち点3が欲しいリーベルの攻勢は続いたが、前半は無得点で終了した。エメレックの集中した守備も光った45分間だった。

▲ 65分に先制のゴールを決めたルーカス・プラットに飛びついて喜ぶラファエル・サントス・ボレーらリーベル・プレートのイレブン
リーベルは後半も攻撃の手を緩めずに攻め込んだ。すると65分、ファン・フェルナンド・キンテーロのパスをペナルティエリアで受けたルーカス・プラットが右足でシュートを打ち、ゴールネットを揺らして先制した。

エメレックは68分にカウンターからリーベルのゴールを脅かしたが、エドゥアール・プレシアードのクロスにブライアン・アングーロは合わせられない。するとリーベルは、73分にカウンターを仕掛けたゴンサーロ・マルティネスが緩急をつけたドリブルで最終ラインを突破すると、キーパーに詰め寄られる前にループシュートを決めてリードを広げた。

リーベルは攻撃の手を緩めなかったが、3点目は奪えず。エメレックは後半のアディショナルタイムに1点を返したが、反撃が遅すぎた。

勝ったリーベルは、フラメンゴを抜いてグループ4の首位に浮上。一方、エメレックは1勝3敗でグループリーグでの敗退が濃厚になった。

コンメボル・リベルタドーレス 2018 グループリーグ第4節 (2018/04/26)
リーベル・プレート
(アルゼンチン)
2-1 エメレック
(エクアドル)
フランコ・アルマーニ GK エステバン・ドレー
ゴンサーロ・モンティエル
ジョナタン・マイダーナ
ハビエル・ピノーラ
マルセーロ・サラチ
DF ファン・カルロス・パレーデス
フェルナンド・ピニージョ
マルロン・メヒーア
オスカル・バグイー
レオナルド・ポンシオ
エンソ・ペレス
イグナシオ・フェルナンデス
(ファン・フェルナンド・キンテーロ)
ゴンサーロ・マルティネス
MF ディクソン・アロージョ
ペドロ・キニョーネス
(ロマーリオ・カイセード)
ロベール・ブルバーノ
(ブライアン・アングーロ)
フェルナンド・ルーナ
(オスバルド・ラストラ)
エドゥアール・プレシアード
ロドリーゴ・モーラ
(ラファエル・サントス・ボレー)
ルーカス・プラット
(エセキエル・パラシオス)
FW マルロン・デ・ヘスス
ルーカス・プラット 65
ゴンサーロ・マルティネス 73
ゴール 90+1 エドゥアール・プレシアード
エンソ・ペレス イエロー
カード
フェルナンド・ルーナ
マルセーロ・ガジャルド 監督 アルフレード・アリアス
主審: ビクトル・カリージョ (ペルー)
会場: エル・モヌメンタル (ブエノスアイレス)
2018.04.26

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。