Seleccion Nacional de Colombia コロンビア代表

首都ボゴタでの代表合流が大幅に遅れたファルカオ その理由は肖像権に関する詐欺容疑

コロンビア代表FWファルカオの首都ボゴタ到着が遅れた理由とその経緯
▲ アトレティコ・マドリー時代の財政問題に追われていたコロンビア代表FWファルカオ(左)
首都ボゴタにコロンビア代表の選手が続々と集結する中、ファルカオはボゴタへ向かうのが大幅に遅れていた。その理由は、マドリーの裁判所から約900万ユーロの支払いを命じられていて、それに関する交渉が長引いているためであった。

ファルカオにかけられた疑惑は、自身の肖像権に関する詐欺容疑。この件についてマドリーの裁判所は、ファルカオに16ヵ月の懲役を言い渡す有罪判決を出していた。

上記を受けて、ファルカオには約900万ユーロ(日本円で約11億円超)の罰金と、懲役を免れるのに必要な罰金の支払い義務が生じた。しかし、服役に関する罰金は1ユーロも支払わなくていいことになった。当該容疑の時期はファルカオがアトレティコ・マドリーに在籍していた2012〜2013年のことで、スペインの司法では2年以上過ぎた事案への強制的な罰則はないため。その結果、ファルカオは前者の罰金のみを支払うことで決着をつけた。

上記に関連してワールドカップ出場への影響はないものの、ファルカオは23日の午後になって首都ボゴタに到着した。コロンビア代表選手で最も遅い合流となった。

◆ ファルカオ
本名:ラダメル・ファルカオ・ガルシア・サラテ
1986年2月10日生まれ(32歳)
出身:コロンビア(サンタ・マルタ)
身長:177cm
ポジション:フォワード
15歳未満の頃にコロンビアのクラブチームでデビューした過去もあるが、10代後半はリーベル・プレート(アルゼンチン)の下部組織に引き抜かれ、2005年にトップチームへと昇格すると4シーズンに渡りリーベルで活躍した。2009年にFCポルト(ポルトガル)へ移籍すると、2年後にはアトレティコ・マドリー(スペイン)に移籍して活躍。2013年にモナコへ移籍した。2014年のブラジルW杯でも活躍が期待されたが、怪我によりこのときのW杯出場は叶わなかった。コロンビア代表。

2018.05.24

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。