Seleccion Nacional de Argentina アルゼンチン代表

元ボカ会長の大統領が薦める次期代表監督はラヌースで結果を出したホルヘ・アルミロン氏

アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領が望むアルゼンチン代表監督人事
▲ 日産自動車のプレゼンブースで会見を開くアルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領
アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領は7月30日、同国代表の監督人事に関する自身の考えを述べた。

マクリ大統領の希望する新監督は、現在アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)を指揮している47歳のホルヘ・アルミロン氏だ。
「代表監督にふさわしい人材は欧州の第一線で活躍しているが、私が考える最適な代表監督はホルヘ・アルミロン氏だと思っている。私はアルミロン氏が好きだ。彼が代表監督になってもらえるかはわからないし、私は何の干渉もしていないがね」

同大統領がアルミロン氏を推す根拠に、2016年にラヌースでの三冠達成がある。この年、ラヌースは国内の1部リーグ優勝、コパ・ビセンテナリオ優勝、スーペルコパ・アルヘンティーナ優勝を果たしていて、このときラヌースを率いていたのがアルミロン氏だった。

▲ アルゼンチンの大統領から代表監督候補として名指しされた47歳のホルヘ・アルミロン氏。現在はコロンビアの名門アトレティコ・ナシオナルを率いている
同大統領とアルミロン氏は個人的にも仲が良く、大統領邸に招かれたアルミロン氏が親善試合を行ったこともあるほど。同大統領自身もかつてボカ・ジュニオルスの会長職を勤めていたことがあるほどでフットボールへの造詣は深く、代表監督への思い入れも強い。

アルゼンチン代表監督の候補には、他にもディエゴ・シメオネ氏やマウリシオ・ポチェッティーノ氏、マルセーロ・ガジャルド氏、ギジェルモ・バロシュケロット氏などの名前も挙がっている。これについて同大統領は、持論を展開した。
「シメオネが候補と報じられるのは自然な流れだろうね。ポチェッティーノもガジャルドもギジェもビッグクラブの監督として手腕を発揮しているが、シメオネも含めた4人はそれぞれが今の任務を捨てるのは難しいのではないかと思う」

AFA(アルゼンチンサッカー協会)は、8月2日にも実行委員会の会合を開いて監督候補者の分析を開始するとのこと。

◆ ホルヘ・アルミロン
本名:ホルヘ・フランシスコ・アルミロン・キンターナ
1971年6月19日生まれ(47歳)
出身:アルゼンチン(首都ブエノスアイレス)
身長:185cm
現役時代のポジション:ミッドフィルダー
現役時代は長くメキシコで活躍し、2008年に現役最後の所属クラブとなったドラードス・デ・シナロアでプレイングマネージャー(選手兼監督)として監督業を開始した。2009年には現役を引退して、監督業に専念。ラヌースでは2016年にアルゼンチン国内で3つのタイトルを獲得した。

2018.07.31

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。