Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

エクアドル人とコロンビア人のゴールで競り勝ったサンパウロがブラジレイロンで3年ぶりの首位に

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第17節 サンパウロ 2-1 バスコ・ダ・ガマ
▲ キックオフから75秒後に先制のゴールを決めて駆け出すエクアドル代表FWホアオ・ロハス(23番)
8月4〜6日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2018 の第17節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「サンパウロ×バスコ・ダ・ガマ」は、サンパウロが競り勝った。

試合は、首位浮上を目指すサンパウロがキックオフから75秒後に先制。右サイドをオーバーラップしたエデル・ミリタンがグラウンダーのクロスを上げると、ヒカルドのクリアがエクアドル代表FWホアオ・ロハスの足に当たってゴールへと転がっていった。

劣勢だったバスコは、後半の早い時間帯に追いついた。54分、ジオバンニ・アウグストがセンターサークルから右足で前方へスルーパスを出すと、オフサイドすれすれで抜け出したイアゴ・ピカシュウがペナルティエリアに達したところで冷静にシュートを決めた。右足でシュートモーションに入り強く蹴るかと見せかけてから、インサイドキックで飛び出したキーパーの左脇をすり抜けるゴールだった。

▲ 80分に決勝点を挙げた元U-17コロンビア代表FWサンティアゴ・トレージェス(中央)を祝福するサンパウロのイレブン
同点ゴールを決めたイアゴ・ピカシュウは64分にもキーパーの手前でショートバウンドするミドルシュートを放ち、そして同点ゴールをアシストしたジオバンニ・アウグストは69分にカウンターからファーサイドのゴールポストをかすめるシュートを打つなど、逆転を狙ってチャンスをいくつか作った。

しかし追加点を得たのはサンパウロだった。80分、ボールを追いかけてルイス・グスターボからボールを奪い取ったエベルトンがペナルティエリアの左側から右足でクロスを上げると、元U-17コロンビア代表FWサンティアゴ・トレージェスがヘディングでゴール左隅に流し込んだ。

試合後、同点ゴールを決めたイアゴ・ピカシュウは、「後半の内容はサンパウロより優れていたが、個々のレベルでは叶わなかった」と回顧。一方、決勝点を挙げたサンティアゴ・トレージェスは「試合の主導権を握れていたとはいえないが、勝てたことがうれしい」と振り返った。

この結果、勝ち点3を積み上げたサンパウロはフラメンゴを抜いて、ついに今季初の首位に躍り出た。サンパウロがブラジレイロンで首位に立ったのは、2015年以来3年ぶり。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第17節 (2018/08/05)
サンパウロ 2-1 バスコ・ダ・ガマ
シドン GK マルティン・シルバ
エデル・ミリタン
(ブルーノ・ペレス)
ロベルト・アルボレーダ
ブルーノ・アウベス
ヘイナウド
DF ルイス・グスターボ
(ハファエウ・ガリャルド)
オスワルド・エンリケス
ヒカルド
ハモン
ウジソン
リジエーロ
ホアオ・ロハス
ネネ
(カルネイロ)
エベルトン
MF レアンドロ・デサバト
アンドレイ
イアゴ・ピカシュウ
(カイオ・モンテイロ)
ジオバンニ・アウグスト
(ケウビン)
チアゴ・ガリャルド
ジエゴ・ソウザ
(サンティアゴ・トレージェス)
FW アンドレス・リオス
ホアオ・ロハス 01
サンティアゴ・トレージェス 80
ゴール 54 イアゴ・ピカシュウ
エベルトン
カルネイロ
イエロー
カード
ルイス・グスターボ
オスワルド・エンリケス
ディエゴ・アギーレ 監督 ジョルジーニョ
主審: ブラウリオ・ダ・シウバ・マシャード
会場: エスタジオ・ド・モルンビー (サンパウロ)
2018.08.05

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。