Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

パボンのゴールが決勝点でボカが白星発進 テベスはPKを決められず ワンチョペもノーゴール

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019 第1節 ボカ・ジュニオルス 1-0 タジェーレス
▲ 9分に先制ゴールを決めたアルゼンチン代表FWクリスティアン・パボンに駆け寄って祝福するボカのイレブン
スーペルリーガ・アルヘンティーナの2018-2019 シーズンは8月10日に開幕し、10〜13日にかけて第1節が行われた。首都ブエノスアイレスで行われた「ボカ・ジュニオルス×タジェーレス」は、ボカが初戦を白星で飾った。

午前11時に始まった一戦は、ボカが立ち上がりに先制。9分、コーナーキックをブライアン・モンテネグロがヘディングでクリアしたが、ペナルティエリアの手前にいたクリスティアン・パボンがダイレクトで右足ボレーをゴールネットに突き刺した。もしもトラップしていたらシュートコースを消されていた可能性が高く、ダイレクトシュートはパボンの好判断だったといえるシーンだった。

ボカは32分にもチャンスを作ったが、右サイドから中央へ切れ込み左足を振り抜いたカルロス・テベスのシュートは、飛び出したキーパーの体に当たってしまった。

後半も主導権はボカにあり、51分には左サイドをオーバーラップしたエマヌエル・マスがペナルティエリアで倒されてPKを得る。ところが、キッカーを務めたテベスが右足で蹴ったPKは、キーパーにコースを読まれて失敗してしまった。

タジェーレスは71分に攻め込み、ファン・ラミーレスがペナルティアークで放った左足ボレーがペナルティエリアでパブロ・ペレスの右腕を直撃すると、タジェーレスのイレブンはハンドとPKを訴えた。だが、この場面で主審はパブロ・ペレスのハンドもタジェーレスのPKも指示しなかった。

ボカは79分にカウンターを仕掛け、エドウィン・カルドーナのロングフィードに反応した“ワンチョペ”ことラモン・アビラがボールに追いついてペナルティエリアに達したが、相手のマークを振り切りながら左足で放ったアビラのシュートはキーパーに防がれてしまった。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019 第1節 (2018/08/12)
ボカ・ジュニオルス 1-0 タジェーレス
エステバン・アンドラーダ GK ギド・エレーラ
レオナルド・ハラ
カルロス・イスキエルド
リサンドロ・マガジャン
エマヌエル・マス
DF レオナルド・ゴドイ
ファン・クルス・コマル
カルロス・キンターナ
ファクンド・メディーナ
ウィルマール・バリオス
パブロ・ペレス
ナイタン・ナンデス
マウロ・サラテ
(エドウィン・カルドーナ)
MF パブロ・ギニャス
(ジュニオール・アリアス)
アドリアン・クバス
ファン・ラミーレス
クリスティアン・パボン
(セバスティアン・ビジャ)
カルロス・テベス
(ラモン・アビラ)
FW アルド・アラウーホ
(ナウエル・ブストス)
ブライアン・モンテネグロ
サムエル・ソーサ
(トマス・ポチェッティーノ)
クリスティアン・パボン 09 ゴール
ウィルマール・バリオス
パブロ・ペレス
イエロー
カード
ファクンド・メディーナ
ギジェルモ・バロシュケロット 監督 ファン・パブロ・ボボーダ
主審: ファクンド・テージョ
会場: ラ・ボンボネーラ (ブエノスアイレス)
2018.08.12

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。