Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

エストゥディアンテスがキルメスで今季初勝利 ボカは選手交代も実らず テベスは出場せず

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019 第2節 エストゥディアンテス 2-0 ボカ・ジュニオルス
▲ 58分にファビアン・ノゲーラ(18番)が先制のゴールを決める瞬間
8月17〜20日に行われたスーペルリーガ・アルヘンティーナの2018-2019 の第2節。キルメスで行われた「エストゥディアンテス×ボカ・ジュニオルス」は、エストゥディアンテスが今季初勝利を収めた。

ラ・プラタでなくキルメスで行われた一戦は、6分にカルロス・イスキエルドが負傷退場してしまい、ボカは立ち上がりに交代枠をひとつ浪費してしまう。ボカは10分、11分、20分、21分、そして26分とフィニッシュに持ち込んだが、決め手を欠いてゴールを奪えない。すると31分にはボールを巡ってナイタン・ナンデスに横からファン・アパオラーサがスパイクの裏で踏みに来たことで、両軍がいがみ合う一幕もあった。

前半、決定機の少なかったエストゥディアンテスは、後半に入るとボールを支配して立ち上がりからチャンスを増やしていった。すると58分、コーナーキックでニアサイドにいたパブロ・ルグエルシオがヘディングで流すと、ファビアン・ノゲーラが打点の高いヘディングシュートを決めて先制した。

▲ 無得点で敗れて肩を落とすボカのイレブン
ボカは先制されたのを受けて、控え選手らのウォーミングに熱が入る。そしてベンチにいたカルロス・テベスも立ち上がってウォーミングアップを始めた。ボカは64分にラモン・アビラらを投入して、交代枠を使い切った。

ボカは66分にセバスティアン・ビジャがフリーでシュートを打つも、キーパーに弾き返される。一方のエストゥディアンテスは、75分にマティアス・ペジェグリーニが相手陣内の中央をドリブルで強引に突き進みペナルティアーク付近でシュートを打つと、キーパーの手を弾いたボールはゆっくりと無人のゴールへと転がっていった。

終盤、ボカは85分に苛立つパブロ・ペレスがボールのないところでフェルナンド・スキを背後から押し倒してカードをもらったり、89分には最終ラインでのボール回しでミスが出てマリアーノ・パボーネにインターセプトされるなど、至らない点もいくつかあって敗れた。そして、テベスに出場機会はなかった。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019 第2節 (2018/08/20)
エストゥディアンテス 2-0 ボカ・ジュニオルス
マリアーノ・アンドゥハル GK エステバン・アンドラーダ
ファクンド・サンチェス
(ファビアン・ノゲーラ)
ジョナタン・チュンケ
ガストン・カンピ
イバン・エルキアーガ
DF レオナルド・ハラ
カルロス・イスキエルド
(パオロ・ゴルツ)
リサンドロ・マガジャン
エマヌエル・マス
イバン・ゴメス
フェルナンド・スキ
ルーカス・ロドリゲス
パブロ・ルグエルシオ
(カルロ・ラタンシオ)
マティアス・ペジェグリーニ
MF ウィルマール・バリオス
パブロ・ペレス
ナイタン・ナンデス
(ラモン・アビラ)
ファン・アパオラーサ
(マリアーノ・パボーネ)
FW クリスティアン・パボン
マウロ・サラテ
エドウィン・カルドーナ
(セバスティアン・ビジャ)
ファビアン・ノゲーラ 58
マティアス・ペジェグリーニ 75
ゴール
ファン・アパオラーサ
パブロ・ルグエルシオ
マティアス・ペジェグリーニ
イエロー
カード
ナイタン・ナンデス
パオロ・ゴルツ
ウィルマール・バリオス
パブロ・ペレス
マウロ・サラテ
レアンドロ・ベニーテス 監督 ギジェルモ・バロシュケロット
主審: ディエゴ・アバル
会場: エスタディオ・センテナリオ・シウダー・デ・キルメス (キルメス)
2018.08.20

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。