Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

試合中の跳び蹴りに賛否渦巻く 地元紙は「空手家アンドラーダ」との見出しで記事を掲載

ボカの守護神エステバン・アンドラーダが試合中に披露した跳び蹴りについて
▲ さも空手の跳び蹴りのようなジャンピングキックでボールをクリアしたGKエステバン・アンドラーダ(右)
26日に行われたスーペルリーガの試合中に、ボカの守護神エステバン・アンドラーダが披露したクリアが話題になった。アルゼンチンのスポーツ紙「Olé」は、『El karateka Andrada (空手家アンドラーダ)』の見出しで当該のシーンを報じている。

当該のシーンは、前半終了間際の43分。相手のロングフィードを自分でクリアできると判断したアンドラーダが、敵味方の競り合っている近くで飛び上がり、右足を高く上げてボールをクリアした。このときの跳び蹴りが空手さながらのアクロバティックな動きだったことから、「空手家アンドラーダ」と勝されるに至った。

ただし、このプレイには否定的な意見もあり、「敵味方関係なく他の選手にケガをさせてしまうリスクがあるから、やるべきではない」との声も挙がった。当のアンドラーダ本人は、この件についてコメントを出していない。

◆ エステバン・アンドラーダ
1991年1月27日生まれ(27歳)
出身:アルゼンチン(メンドーサ)
身長:193cm
ポジション:ゴールキーパー
2010年にラヌースでデビューしたが、出場機会を求めて2014年にアルセナルへ移籍すると、そこでレギュラーを獲得。2016年にラヌースに復帰すると、レギュラーとして重用された。2018-2019シーズンよりボカ・ジュニオルスでプレイ。元U-20アルゼンチン代表で、アルゼンチンA代表の招集歴もある。

2018.08.26

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。