Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

ジエゴの1ゴール1アシストでフラメンゴが勝利 シャペコエンセは依然として降格圏内に低迷

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第24節 フラメンゴ 2-0 シャペコエンセ
▲ PKを決めたジエゴ(右から2人目)は負傷療養中の元ブラジル代表DFファン(4番)のユニフォームを掲げてエールを送る
9月8〜10日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2018 の第24節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「フラメンゴ×シャペコエンセ」は、フラメンゴが勝利を収めた。

降格圏内を脱出するために勝ち点3が欲しいシャペコエンセは、立ち上がりに積極的な攻撃を展開したが、いずれもゴールには結びつかず。対するフラメンゴは22分にジエゴがバイシクルシュートを披露すると、29分にはギリシャへの移籍を白紙に戻したウィリアン・アロンが右足ボレーでチャンスを作った。すると43分、ペナルティアークでボールをキープしたジエゴが右足のアウトサイドキックで左へ転がすと、オーバーラップしていたヘネがペナルティエリアの手前から右足でシュートを決めて、フラメンゴが先制した。

後半はフラメンゴが勢いを持続して、55分にはジエゴの直接フリーキックがペナルティエリアでレアンドロ・ペレイラの右腕に当たってPKを獲得。このPKをジエゴが自ら決めて、2-0 とした。PKを決めたジエゴは、ピッチサイドで受け取った元ブラジル代表DFファン(現在負傷療養中)のユニフォームを受け取って、テレビカメラやスタンドに誇示した。

シャペコエンセは終盤に何度か相手ゴールに迫ったが、詰めが甘く無得点に終わった。試合後、ヘーベルは「ピッチの内外で我々の良きお手本であるファンに、この勝利を捧げた」と述べて、負傷療養中の仲間にエールを送った。

勝ったフラメンゴは4位をキープした一方、シャペコエンセは降格圏内の19位と浮上のきっかけをつかめていない。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第24節 (2018/09/08)
フラメンゴ 2-0 シャペコエンセ
ジエゴ・アウベス GK ジャンドレイ
ホジネイ
(パラ)
レオ・ドゥアルチ
ヘーベル
ヘネ
DF エドゥアルド
ハファエウ・チエーリ
ネリ・バレイロ
ホベルト
ロベール・ピリス・ダ・モッタ
ウィリアン・アロン
ジエゴ
MF アマラウ
(バヘート)
マルシオ・アラウージョ
(ディエゴ・トーレス)
エクトル・カンテロス
カピシャーバ
(マルキーニョス)
エベルトン・ヒベイロ
(マルロス)
フェルナンド・ウリーベ
(オルランド・ベリーオ)
ビチーニョ
FW ブルーノ・シウバ
レアンドロ・ペレイラ
ヘネ 43
ジエゴ 56
ゴール
ヘネ
ロベール・ピリス・ダ・モッタ
イエロー
カード
ホベルト
マルキーニョス
マウリシオ・バルビエーリ 監督 グト・フェヘイラ
主審: レアンドロ・ビジオ・マリーニョ
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2018.09.08

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。