Campeonato Uruguayo Copa Coca-Cola 2018 コパ・コカコーラ(ウルグアイ1部リーグ)2018

天候に翻弄されたのはアルゼンチンだけじゃない ウルグアイは豪雨でリーグ全試合を順延

AUF(ウルグアイサッカー協会)が29〜30日に予定していた国内リーグの後期第11節をすべて順延にすると発表
▲ 豪雨でピッチに水が浮いたエスタディオ・ルイス・フランシーニ(デフェンソール・スポルティンのホームスタジアム)
29日はアルゼンチンのブエノスアイレスなどで悪天候による公式戦の順延が発生したが、ブエノスアイレスから東へ約280kmほどの距離にあるウルグアイはさらに深刻だった。AUF(ウルグアイサッカー協会)は29日に大雨を理由に予定されていた3試合の中止と順延を発表。さらに同日中には翌30日の4試合も順延にすると発表した。

同協会は当初、中止を28日の3試合に限定していたが、その後の天気予報を注視した上で、日曜日の試合もすべて順延とする意向を示した。ホルヘ・カサーレス広報部長は「雨が終日止まず、天気予報では日曜日も同じ空模様のままなので、順延を決めた」と説明。首都モンテビデオなどでは、雨だけでなく落雷やひょうも確認されるなど、大荒れの空模様だった。

第11節が来週末に延期されたことにより、ウルグアイの1部リーグは年末までの日程を再編成する必要が生じた。

ただ、今回の全試合順延は悪いことばかりではない。第11節以降の試合がすべて1週延期されたことによって、クラシコ「ナシオナル・モンテビデオ vs ペニャロール」が10月15〜16日から10月20〜21日にスライド。この結果、日本代表との対戦(16日)でウルグアイ代表に招集される予定の選手について、両チームが代表と協議する必要がなくなり、代表メンバーも問題なくクラシコに出場できることになった。ナシオナルとペニャロールにとっては、懸案事項がひとつ消えた形だ。

2018.09.29

★ウルグアイ1部リーグをチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。