CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

VARを経てのPK献上に前年王者は激怒 終盤に逆転したリーベルが3年ぶり6度目の決勝進出

コンメボル・リベルタドーレス 2018 準決勝 2nd.Leg グレミオ 1-2 リーベル・プレート
▲ 後半のアディショナルタイムに値千金のPKを決めたゴンサーロ・マルティネスを抱き上げるエンソ・ペレス(左)。そこにラファエル・サントス・ボレー(19番)とイグナシオ・スコッコ(右)も駆け寄る
10月30〜31日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスの準決勝 2nd.Leg。ブラジルのポルト・アレグレで行われた「グレミオ×リーベル・プレート」は、終了間際に逆転したリーベルが勝利を収めた。そしてリーベルはアウェイゴール数で相手を上回り、クラブとして6度目の決勝進出を果たした。

1st.Leg を 0-1 で落としていたリーベルは、20分過ぎに相手のチャージを受けて倒れたレオナルド・ポンシオが、右の太ももを負傷してしまい、早々とベンチに下がるアクシデントに見舞われた。

前半のボール支配率が32%に留まったグレミオは、相手の猛攻をしのいで35分にコーナーキックを得ると、ミルトン・カスコの体に当たってペナルティエリアの外へ流れたルーズボールを、レオナルドが右足のハーフボレーでゴールネットを揺らして先制した。

▲ 81分に反撃ののろしとなるゴールを決めて感情を爆発させるラファエル・サントス・ボレー(左)
この試合ではマルセーロ・ガジャルド監督がベンチ入り禁止になったため、マティアス・ビスカイ氏が暫定で指揮を執った。ガジャルド監督は1st.Legでハーフタイムを長引かせて後半のキックオフ時刻を遅らせたことへの制裁を受けた形だが、スタンドで試合を観戦しながらトランシーバーのようなものでベンチに指示を送った同監督は、ハーフタイムになるとロッカールームに入って直接選手に向けて後半への指示を出した。ベンチ入りは禁じられたが、ロッカールームに出入りできたための行動であった。だが、この行動が公式に認められていなかったと問題視する向きもある。

後半、リーベルはゴンサーロ・マルティネスを投入して、より攻撃的な布陣を敷いた。しかし立て続けにチャンスを作ったのはリードしているグレミオで、61分にエベルトンがペナルティエリアの外からシュートを打つと、66分にはカウンターで相手陣内を上がったエベルトンがペナルティエリアまでボールを運んで右足のアウトサイドキックでゴールを狙ったが、GKフランコ・アルマーニが身を挺してボールを弾き返した。

▲ スタンドの一角で声援を送ったリーベルプラテンセと喜びを分かち合うゴンサーロ・マルティネス(右)らリーベルの選手たち
するとリーベルは、81分に欲しかったゴールを奪った。ゴンサーロ・マルティネスが左足で間接フリーキックをゴール前に送ると、ラファエル・サントス・ボレーがヘディングでゴールに叩き込み 1-1 とした。

勝利が最低条件のリーベルは、さらに畳みかける。すると、84分にイグナシオ・スコッコが右足で蹴ったボレーシュートは高く浮いたが、スコッコはすかさずブレッサンのハンドを主張。VARシステムによる映像を確認した主審は、問題の瞬間を何度も見返した上でリーベルにPKを与えた。言わずもがなグレミオのイレブンはこの判定に激怒し、試合は一時中断。とりわけ自身のハンドを取られたブレッサンは、主審に食ってかかって怒鳴り散らしてレッドカードを受けるに至った。

グレミオ側の激しい抗議がしばらく続いた影響もあり、後半のアディショナルタイムは13分も設けられた。そして中断から8分後にリーベルは、ゴンサーロ・マルティネスが自らキッカーを申し出たPKを決めて、リーベルに勝利をもたらした。

ゴンサーロ・マルティネスの1ゴール1アシストで逆転勝利を収めたリーベルは、3年ぶり6度目の決勝進出を果たした。決勝の相手は、ボカ・ジュニオルスとのスーペルクラシコになった。決勝がスーペルクラシコになるのは、リベルタドーレス史上初の出来事である。

コンメボル・リベルタドーレス 2018 準決勝 2nd.Leg (2018/10/30)
グレミオ
(ブラジル)
1-2 リーベル・プレート
(アルゼンチン)
マルセーロ・グローイ GK フランコ・アルマーニ
レオナルド
ペドロ・ジェロメウ
パウロ・ミランダ
(ブレッサン)
ブルーノ・コルテス
DF ゴンサーロ・モンティエル
ジョナタン・マイダーナ
ハビエル・ピノーラ
ミルトン・カスコ
ハミーロ
ミシェウ
マイコン
(エベルトン)
シッセロ
アリソン
MF レオナルド・ポンシオ
(エンソ・ペレス)
エセキエル・パラシオス
イグナシオ・フェルナンデス
(ゴンサーロ・マルティネス)
ファン・フェルナンド・キンテーロ
(イグナシオ・スコッコ)
ジャエウ
(タシアーノ)
FW ラファエル・サントス・ボレー
ルーカス・プラット
レオナルド 35 ゴール 81 ラファエル・サントス・ボレー
90+4 ゴンサーロ・マルティネス (PK)
パウロ・ミランダ
ブルーノ・コルテス
ブレッサン
シッセロ
マルセーロ・グローイ
イエロー
カード
エンソ・ペレス
ハビエル・ピノーラ
ブレッサン レッド
カード
ヘナット・ガウーショ 監督 マティアス・ビスカイ
主審: アンドレス・クーニャ (ウルグアイ)
会場: アレーナ・ド・グレミオ (ポルト・アレグレ)
2018.10.30

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。