Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

名門パウメイラスでの戴冠に尽力したフェリッピ・メロ 「心底嬉しい。神に感謝している」

パウメイラスでブラジレイロン制覇を果たした元ブラジル代表MFフェリッピ・メロの談話
▲ 優勝が決まった直後にルイス・フェリッピ・スコラーリ監督(右)と抱き合う元ブラジル代表MFフェリッピ・メロ
25日の試合で勝ったパウメイラスは、最終節を残してブラジレイロン制覇を成し遂げた。優勝が決まった直後、元ブラジル代表MFフェリッピ・メロはパウメイラスでタイトルを獲った喜びを隠さなかった。

「今、間違いなくこのチームは偉業を達成した。厳しいブラジレイロンで優勝できたことが心底嬉しいし、この経験をさせてもらったことを神に感謝している。プロスポーツである以上、批判はつきものだが、我々はトップチームとしてレベルを保ち続けたし、こうして優勝できたことは忘れられない思い出になるね」

「私はインテル(イタリア)を去ってから、いつも夢見ていたんだ。パウメイラスで大成することを。幸いにも神様は私を救い、助けてくれた。そして今、優勝できたことを誇りに思うよ」

パウメイラスは今年、コパ・ド・ブラジウとリベルタドーレスでベスト4に進んだほか、カンピオナート・パウリスタでは優勝まであと一歩のところまで進むなど、各大会で好成績を収める安定感があった。フェリッピ・メロは来年も引き続きパウメイラスでプレイする予定で、今年以上の成績を目指して準備をすると公言した。

◆ フェリッピ・メロ
本名:フェリッピ・メロ・ジ・カルバーリョ
1983年6月26日生まれ(35歳)
出身:ブラジル(リオ・デ・ジャネイロ州ボウタ・ヘドンダ)
身長:183cm
ポジション:ボランチ
1991年に8歳で地元の名門ボウタ・ヘドンダの下部組織に入ったが、トップチームでのデビューは2001年にフラメンゴで。翌2002年にはレギュラーを獲得すると、その後クルゼイロ、グレミオと活躍の場を移して2005年にマジョルカ(スペイン)へ渡った。2008年からはフィオレンティーナやユベントス(以上、イタリア)でも活躍したが、キャリアのピークは2011年から4年間所属したガラタサライ(トルコ)。元ブラジル代表。

2018.11.25

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。