Campeonato Descentralizado ペルー1部リーグ

マンコ争奪戦に2チームが名乗り マンコを奪い合う三つ巴の争いを制するのはどこだ?

スポルト・ボーイスと交渉中のレイモン・マンコにデポルティーボ・ムニシパルとアカデミア・カントラオの2チームが接近
▲ レイモン・マンコ(写真)の獲得を検討しているチームが1から3に増えた
ウニオン・コメルシオを年内に退団予定のレイモン・マンコを、即戦力として高く評価しているチームがひとつでないことがわかった。ペルーのスポーツサイト「Libero」が報じている。

マンコについては当初、首都リマ近郊の港町カヤオをホームタウンとするスポルト・ボーイスが獲得に向けて交渉を始めると、ペルー国内の複数のメディアが報じていた。事実、つい最近にもマンコ自身がInstagramにスポルト・ボーイスへの移籍に前向きだと匂わせる投稿をした。ところが、その投稿はわずか10分後に削除されていた。

兼ねてからマンコは、病弱な父を心配して両親の近くに住みたいと首都リマへの移住を希望していた。そしてリマのチームで試合に出られれば、念願のペルー代表復帰がより現実的となる点でも、マンコにとってリマやその近郊にあるクラブチームへ移籍することはメリットなのである。そこに名乗りを上げたのが、デポルティーボ・ムニシパル、アカデミア・カントラオの2チームだ。

デポルティーボ・ムニシパルはリマがホームタウンで、アカデミア・カントラオはリマ近郊の港町カヤオがホームタウンであるため、どちらもマンコの希望には合致しているチームだ。とりわけ、2019年のスダメリカーナ出場権を獲得しているデポルティーボ・ムニシパルは、所属チームで国際大会に出たいと主張しているマンコにとって魅力的に映るかもしれない。

すでに交渉中であるとされるスポルト・ボーイスが、このまま交渉成立に持ち込むか。それとも、デポルティーボ・ムニシパル、アカデミア・カントラオのいずれかがマンコをかっさらうのか。マンコを奪い合う三つ巴の争いを制するのは、どのクラブになるだろう。

※ 関連記事
ソラーノ氏が2019年の代表に関して再び“マンコ待望論”を熱弁 「マンコはみんなが好き」
スポルト・ボーイスがマンコに接触か 首都リマへの帰還願望を利用して獲得交渉へ
ウニオン・コメルシオが2019年に向けて契約更改 更新しないマンコは移籍が決定的に
公私ともに順調なマンコが12月に再婚へ お相手は4年以上交際しているリリア・モレッティさん
所属先の指揮官がマンコのペルー代表復帰を推奨 ガレカがマンコを招集する日は訪れるのか
ペナルティエリアはマンコの独壇場 PK&リフティングボレーシュートで観る者を魅了
退場したマンコは主審に何を言ったのか? 下品な罵声で2〜3試合の出場停止処分へ
首都リマでウニオン・コメルシオが逆転負け マンコは判定を巡る暴言?でレッドカード
コンディション良好のマンコが魅せた 軽快なドリブルで3人を抜くも味方がシュートを外して後悔
追いつかれても主導権を譲らなかったウニオン・コメルシオ マンコのアシストで3試合ぶりの勝利
アルゼンチンから帰化した往年のペルー代表守護神も唱える「マンコ待望論」
ペルー代表復帰の話題で謙虚な姿勢を貫くマンコ 自身の待望論を笑ってはぐらかす
自由奔放なマンコの元妻が全裸の写真をInstagramに投稿 ただし乳房や局部は暗がりに隠れる
ウニオン・コメルシオが強豪スポルティン・クリスタルに競り勝つ マンコのアシストは幻に…
マンコの古巣復帰に待った? アリアンサ・リマのGMがマンコ復帰の計画を「ない」とバッサリ
後期優勝を目指すアリアンサ・リマの補強策 マンコにとってもメリットしかない移籍は実現するか
父の容態急変でチームを離れたマンコへ ポータルサイトに応援メッセージ 「 ¡ Fuerza Manco ! 」
「チチ キトク スグ カエレ」 父の容態悪化でマンコが首都リマへ マンコの父は大丈夫か?
マンコが政界進出へ 故郷ルリンの地方議会選挙に立候補と現地メディアが報道
カタール大会への出場を目指すマンコ 「今年中にもペルー代表に招集されるようになれば」
マンコとラブラブ?なツーショット写真をアップしたモデルの女性 交際の過去は否定
マンコが期間限定でコラムニストに 選手生活への支障はなく4年後のカタール大会へも意欲
「10番」を与えられたマンコの頭脳プレイ 地元メディアは「驚異的なテクニック」と絶賛
調子を上げているマンコ 来年のコパ・アメリカに向けての待望論が早くも出始める
サイドに開いたマンコが圧巻のプレイで3人抜き ウニオン・コメルシオは白星発進
身内”からもマンコ待望論 「彼は非常に才能にあふれ、おもしろい可能性を秘めている」
自由奔放なマンコの元妻の勝負服 デニムのホットパンツで三人目の結婚相手探しも順調
バツ2になっていたマンコの元妻がテレビ番組で発した謎の“エリザベス・テイラー宣言”とは
38歳のおばさん記者にナメられたマンコが即座に批判 至上の反撃は代表復帰の有言実行
ホナウジーニョを模倣したマンコの珍プレイ ノールックパスをインターセプトされて嘲笑される
マンコの元妻が再婚 「サプライズよ! 世界で最も素晴らしい男と私は再婚するの」
26歳になったマンコ 同世代のハメス・ロドリゲスと比較されてきた9年間のキャリアを振り返る
「太ってもまだやれる」 肉付きの良くなったマンコが “太りすぎ批判” を華麗にスルー
マンコの元妻が衝撃的な不貞行為を暴露 婚姻関係中にパオロ・ゲレーロとの不倫を示唆

◆ レイモン・マンコ
本名:レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
1990年8月23日生まれ(28歳)
出身:ペルー(ルリン)
身長:172cm
ポジション:ミッドフィルダー
17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。現在はウニオン・コメルシオに所属し、トップ下としてスタメン出場している。キックの精度が高く、フリーキックやコーナーキックのキッカーをよく務める。

2018.11.19

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。