CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

マラドーナの怒り爆発 スーペルクラシコの開催地を決めたCONMEBOLに 「バカじゃないのか」

リベルタドーレス決勝 2nd.Leg の開催地決定を受けて元アルゼンチン代表監督のディエゴ・マラドーナ氏がCONMEBOLを罵倒
▲ リベルタドーレス決勝 2nd.Leg の開催地となったマドリーのエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ
ペルーサの怒りが爆発した。リベルタドーレス決勝 2nd.Leg 「リーベル・プレート vs ボカ・ジュニオルス」の開催地をスペインの首都マドリーにする旨を CONMEBOL(南米サッカー連盟)が29日に発表するや否や、元アルゼンチン代表監督のディエゴ・マラドーナ氏が CONMEBOL や AFA(アルゼンチンサッカー協会)などを厳しく罵倒した。

マラドーナ氏は、まずCONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長を名指しで批判。
「私の家族や友人がスーペルクラシコを観に行くためには、テレビ観戦で我慢しろとでもいうのか? 生で観たい人間はわざわざマドリーにまで行かなければならないのか? 我々はみんなマクリ(アルゼンチン大統領)のようにマドリーへ行く金があるとでも言いたいのか? 冗談じゃない。セキュリティーを万全にしてベレスのカンチャ(ブエノスアイレスのエスタディオ・ホセ・アマルフィターニ)でやればいいだろうが。アレハンドロ・ドミンゲス(CONMEBOL会長)とCONMEBOLはバカじゃないのか」

マラドーナ氏の怒りの矛先は CONMEBOL だけでなく、AFA にも向けられた。
「CONMEBOL も AFA も、もはや“サッカーの惨劇”だ。あいつらはいつまで経っても仕事ができないままだ。サッカーの世界について俺はドミンゲスとファック(会話)したくないね。そして、“ゴルド・ポルセル(ブエノスアイレス出身のコメディアン<故人>)”よりも二重アゴのひどい“チキ”タピア(AFAのクラウディオ・タピア会長)は豚だ。俺に対してサッカーを語る資格もない」

さらには、リーベル・プレートやリーベルプラテンセ(リーベル・プレートのサポーター)に対しても怒りをぶつけたマラドーナ氏。
「リーベルは2015年の唐辛子スプレーを引き合いに出すが、ボカはそれ以降ふざけたことをやっていない。だから今頃蒸し返してギャーギャーわめくな」

2018.11.29

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。