CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

マラドーナに続いてソリンもスペイン開催を批判 「我々はヨーロッパではなく“南米”だ」

元アルゼンチン代表DFファン・パブロ・ソリン氏がリベルタドーレス決勝のスペイン開催を決めたCONMEBOLを批判
▲ 現在はブラジル南部のポルト・アレグレに居住してサッカー解説者として活躍している元アルゼンチン代表DFファン・パブロ・ソリン氏
CONMEBOL(南米サッカー連盟)が下したリベルタドーレス決勝のスペイン開催という決定は、物議を醸している。決定直後にもディエゴ・マラドーナ氏が猛烈な批判をしたばかりだが、動揺の主張をする元アルゼンチン代表選手が1日に口を開いた。現役時代にリーベル・プレートやクルゼイロなどで活躍したファン・パブロ・ソリン氏もまた、CONMEBOLの決定を真っ向から批判している。

ソリン氏の考えは、次の通り。
「南米サッカーのためにCONMEBOL代表団の一員として渋々ロシアを訪問したが、CONMEBOLとの関係は良好なものではなかった。そして今日、私は再び失望している。CONMEBOLに言いたい。我々はヨーロッパではなく“南米”であると」

ソリン氏は、トラブルが発生したことを理由にして由緒ある南米最高峰の国際大会を安易に欧州開催とした決定に疑問を抱いていて、CONMEBOLに南米の誇りを忘れてはならないと警告している。

今回の事象については、ソリン氏やディエゴ・マラドーナ氏だけでなく、ガブリエル・バティストゥータ氏やホセ・ルイス・チラベル氏、カルレス・プジョル氏、マウリシオ・ポチェッティーノ監督、ディエゴ・シメオネ監督、ダニエウ・アウベスなど多くの選手・監督・評論家らが反対意見を述べている。

◆ ファン・パブロ・ソリン
1976年5月5日生まれ(42歳)
出身:アルゼンチン(首都ブエノスアイレス)
身長:171cm
ポジション:左サイドバック、ミッドフィルダー
1994年にアルヘンティノス・ジュニオルスの下部組織からトップチームに昇格。翌1995年にはユヴェントス(イタリア)へ移籍したが、1996年にはリーベル・プレートへ移籍して長く活躍した。2001年に移籍したクルゼイロ(ブラジル)でも安定した活躍をみせて、サポーターからも愛される選手に。2004年からはビジャレアル(スペイン)、ハンブルガーSV(ドイツ)に在籍し、2008年にクルゼイロへ復帰したが、負傷などで出場試合数は少なく、2009年7月に現役を引退した。元アルゼンチン代表。

2018.12.01

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。