Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

満身創痍のモーラが現役引退 新旧のチームメイトからは続々と惜別のメッセージが届く

31歳のウルグアイ人FWロドリーゴ・モーラがリーベル・プレートの退団と現役引退を表明
▲ リーベルでは6年間プレイしたウルグアイ人FWロドリーゴ・モーラ
31歳のウルグアイ人の身体は、限界に達していた。リーベル・プレートに所属するFWロドリーゴ・モーラが、シーズン途中での現役引退を発表した。

2013年から6年に渡ってリーベル・プレートのスーパーサブとして仕事をしてきたベテランは、これ以上プレイすることができない状態にあることを明かした。
「苦しみと痛みが絶え間なく襲ってきて、もう限界なんだ。自分の実力すら発揮できないくらいなら引退したほうがいいと思った。もうサッカーはできない」

後半途中からでも確固たる存在感を示した一方で、モーラにはケガがつきまとった。2017年には股関節の滑膜炎を発症すると、これが引退の引き金となってしまった。

モーラがスパイクを脱ぐ決断をして、その旨を WhatsApp で発信すると、それを受けて仲間から続々と労いのメッセージが届いた。下記からも、モーラの人望の厚さが読み取れる。

▼ ラファエル・サントス・ボレー
「貴方が私に教えてくれたことすべて、そして悩んだときに話を聞いてくれたことすべてに感謝。感謝以外の言葉が出てこない」

▼ ファン・フェルナンド・キンテーロ
「我々は貴方がいなくなることが寂しくてたまらない」

▼ ゴンサーロ・マルティネス
「どんなときも全力で戦うことを教えてくれた貴方に感謝し、これからも尊敬の対象。貴方の人生はこれからもっと輝く!」

▼ マルセーロ・ガジャルド監督
「サッカー界で出会った中で最高な人間の一人。チームが苦しいときにいつも救ってくれた。これからも笑顔だけは絶やさないでほしい。未来は貴方にさらなる幸せをもたらすから」

▼ セバスティアン・ドリウッシ
「私がリーベルの下部組織からトップチームに上がった頃に、いろいろ面倒を見てくれた兄のような存在。私は永遠に貴方への感謝を忘れない」

▼ マティアス・クラネビッテル
「なんと強いハートの持ち主であろうか。同僚であっただけでなく、これからもずっと友人」

▼ テオフィロ・グティエレス
「貴方といっしょにサッカーができたことを誇りに思う」

▼ レオネル・バンジオーニ
「貴方は自分でもうできないと引退を決めた。だが貴方は自分の夢を叶えた」

▼ リーベル・プレートの広報
「モーラは2012年にウルグアイから加入して、ゴール、アシスト、守備と献身的にプレイしました。その結果、すべてのリーベルプラテンセのハートをわしづかみにしました」

◆ ロドリーゴ・モーラ

本名:
ロドリーゴ・ニカノール・モーラ・ヌーニェス
生年月日:
1987年10月29日生まれ(31歳)
出身:
ウルグアイ(リベーラ)
身長:
170cm
ポジション:
フォワード

2006年にフベントゥーでデビューすると、2008年からはデフェンソール・スポルティンで主力として活躍。2011年に移籍したベンフィカ(ポルトガル)では不遇に終わったが、2012年にレンタルで母国の名門ペニャロールに移籍すると輝きを取り戻した。同年にはアルゼンチンの名門リーベル・プレートへ移籍し、短時間でもゴールを決められるスーパーサブとして重宝されて合計41ゴールを挙げる活躍をみせた。

2019.01.06

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。