Copa Aguila コロンビア1部リーグ (リーガ・アギラ)

マンコを求めているのはコロンビアのクラブチーム 移籍実現ならスダメリカーナにも出場へ

レイモン・マンコを狙っている外国のクラブチームはコロンビア南部のリオネグロ・アギラス
▲ PSV時代に少年ファンのためにサインをする若き日のレイモン・マンコ
レイモン・マンコにオファーを出している外国のクラブチームが判明した。コロンビア南部のリオネグロ・アギラスというクラブチームで、コロンビア国内では1部、そして2019年のスダメリカーナにも出場するチームだ。

マンコについては当初、ペルーの首都リマの隣町であるカヤオを本拠地とするスポルト・ボーイスが交渉を進めていた。ところが、この交渉は成立直前で暗礁に乗り上げてしまい、マンコは国外のクラブチームから届いたオファーに前向きであることがペルー国内で報じられた。以上は、2018年の年末までの出来事。

そして年が明けた2019年に、マンコを欲しがっている国外のクラブチームが判明。それが、コロンビアのリオネグロ・アギラスだった。リオネグロ・アギラスは2008年創立と歴史が10年半しかない新興チームだが、創立4年目の2011年からはコロンビアの1部リーグに留まり続けている。外国人選手は数えるほどしかいない、コロンビアの純国産チームが戦力強化を目的に目をつけたのがマンコだった。

マンコを加入させたいスポルト・ボーイスは、他のクラブチームとの移籍交渉が破談に終わることを望んでいるというが、それは望み薄とみられている。

もしも移籍が実現すれば、マンコは再び国際舞台(スダメリカーナ)に帰ってくるが、果たして。

◆ レイモン・マンコ

本名:
レイモン・オランヘル・マンコ・アルバラシン
生年月日:
1990年8月23日生まれ(28歳)
出身:
ペルー(ルリン)
身長:
172cm
ポジション:
ミッドフィルダー

17歳だった2007に名門アリアンサ・リマでデビューすると、同年にはU-17ワールドカップにも出場して3ゴールをマークし、一躍脚光を浴びた。18歳の若さでオランダの名門PSVアイントホーフェンに移籍したが、1年半でペルーに戻った。その後は国内外で移籍を繰り返していて、やがてペルー代表にも招集されなくなっている。現在はウニオン・コメルシオに所属し、トップ下としてスタメン出場している。キックの精度が高く、フリーキックやコーナーキックのキッカーをよく務める。

2019.01.07

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。