Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

160cmのベネズエラ代表FWソテルドも躍動 クラシコを制したサントスは無傷の開幕3連勝

カンピオナート・パウリスタ 2019 第3節 サントス 2-0 サンパウロ
▲ 66分にカウンターからゴールを決めたパラグアイ代表FWデルリス・ゴンサーレスは両手でハートマークをつくる
1月26〜28日に行われたカンピオナート・パウリスタの第3節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われたクラシコ「サントス×サンパウロ」は、サントスが勝利を収めた。

サントスは、スタメン出場のベネズエラ代表FWジェフェルソン・ソテルドがスピードを生かしてサンパウロの最終ラインをかき乱した。160cmと小柄をものともしない、積極的な姿勢でチームを鼓舞した。

29分には左からのクロスをペナルティエリアの右側でトラップしたジェアン・モッタが左足のハーフボレーでキーパーを教習するシュートを打つと、サンパウロの守備に対するサントスのチャージを巡って、34分にはネネとグスターボ・エンリーキが、40分にはヘイナウドとデルリス・ゴンサーレスがそれぞれ顔を近づけてにらみ合う喧嘩もみられた。

サントスが先制したのは44分。右サイドからジェアン・モッタが蹴ったフリーキックに、ルイス・フェリッピが打点の高いヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。

前半のボール支配率とシュート数などで劣勢だったサンパウロは、後半の開始からブラジル代表FWジエゴ・ソウザを投入。しかし試合の流れを引き寄せきれず、逆にサントスは66分にカウンターから追加点を奪った。自陣で奪ったボールをアリソンがすかさず前線へ送ると、このスルーパスに反応して相手陣内を独走したパラグアイ代表FWデルリス・ゴンサーレスがスピードに乗って飛び出したキーパーを抜き去り、無人のゴールへボールを流し込んだ。ペナルティエリアの外まで飛び出してしまったGKチアゴ・ボウピは手を使えず、デルリス・ゴンサーレスにあっさりと抜かれてしまうお粗末な対応を露呈してしまった。

勝ったサントスは、無傷の開幕3連勝でグループAの首位を独走。一方3連勝とならなかったサンパウロは、グループDの首位をかろうじて守っている。

カンピオナート・パウリスタ 2019 第3節 (2019/01/27)
サントス 2-0 サンパウロ
バンデルレイ GK チアゴ・ボウピ
ビクトル・フェーハス
ルイス・フェリッピ
グスターボ・エンリーキ
オリーニョ
(ジョナタン・コペーテ)
DF ブルーノ・ペレス
ブルーノ・アウベス
ロベルト・アルボレーダ
ヘイナウド
アリソン
ジエゴ・ピトゥーカ
カルロス・サンチェス
ジェアン・モッタ
(フェリペ・アギーラル)
MF ジュシレイ
ウジソン
(ブレーネル)
エリーニョ
(ジエゴ・ソウザ)
ネネ
(リジエーロ)
エベルトン
ジェフェルソン・ソテルド
(フェリッピ・カルドーゾ)
デルリス・ゴンサーレス
FW パブロ
ルイス・フェリッピ 44
デルリス・ゴンサーレス 66
ゴール
デルリス・ゴンサーレス
ジエゴ・ピトゥーカ
ジョアン・パウロ
ジョナタン・コペーテ
カルロス・サンチェス
フェリッピ・カルドーゾ
イエロー
カード
ウジソン
ヘイナウド
ロベルト・アルボレーダ
ブルーノ・アウベス
ホルヘ・サンパオリ 監督 アンドレ・ジャルジーニ
主審: ビニシウス・フルラン
会場: エスタジオ・ド・パカエンブー (サンパウロ)
2019.01.27

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。