Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

サンパウロは優先交渉権を行使せず サントスが出資を惜しまずペルー代表MFクエバを獲得へ

ブラジルやペルーのスポーツメディアがこぞってペルー代表MFクリスティアン・クエバのサントス加入を報道
▲ 1年足らずでロシアからブラジルに戻ることになる公算が高まったペルー代表MFクリスティアン・クエバ (写真は2017年7月29日)
ペレ、カズ(元日本代表FW三浦知良)、ネイマールらの古巣としても有名なブラジルの名門サントスが、ペルー代表MFクリスティアン・クエバを獲得した模様だ。サントスによる公式発表は現地時間で6日を予定されているが、ブラジルやペルーなどではすでに同選手のサントス入りを報じる記事が出回っている。

かつてサンパウロで活躍したのが記憶に新しいクエバは、ブラジルサッカー界に復帰するにあたり、サンパウロが優先交渉権を有していたが、サンパウロはその権利を行使しないことを表明。これを受けて、同選手の獲得に名乗りを上げたのがサントスだった。他にはインデペンディエンテ(アルゼンチン)もオファーを出していたが、クラスノダール(ロシア)との交渉が決裂したため、獲得を断念していた。

クエバの獲得にあたりサントスは出資を惜しまず、クラスノダールに支払われる移籍金は700万ドル(日本円で約7億7千万円)と報じられている。この金額は、サントスが2014年に元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンを獲得する際にインテルナシオナウへ支払った1,150万ドル(日本円で約12億6千万円)に次ぐ移籍金だ。そしてクエバの移籍金は、4回の分割払いが想定されている。

サントスに加入すれば、クエバは年間で200万ドル(日本円で約2億2千万円)の報酬を受け取ることになり、この額はホルヘ・サンパオリ監督とほぼ同額であるとも報じられている。

クエバは6日中にサントスに到着して、すぐにメディカルチェックを受ける予定。サントスがクエバと交わそうとしている契約期間は5年になるという。

◆ クリスティアン・クエバ

本名:
クリスティアン・アルベルト・クエバ・ブラーボ
生年月日:
1991年11月23日生まれ(27歳)
出身:
ペルー(トルヒージョ)
身長:
169cm
ポジション:
ミッドフィルダー、フォワード

2007年にサン・マルティンの下部組織からトップチームに昇格すると、すぐに頭角を現す。その後チリやスペインを経て2014年からはアリアンサ・リマへ。そして2015-2016シーズンにトルーカ(メキシコ)で活躍すると、2016年にサンパウロ(ブラジル)へ移籍して中心選手として活躍した。2018年のワールドカップ終了後にクラスノダール(ロシア)へ移籍した。ペルー代表。

2019.02.05

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。