Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

コロンビア代表MFキンテーロのゴールで先制したリーベル 勝ち越せず優勝争いからやや遠のく

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019 第15節 ロサリオ・セントラル 1-1 リーベル・プレート
▲ 互いに多くのシュートを打った激戦は、引き分けで幕を閉じた
2月14日に行われたスーペルリーガ・アルヘンティーナの2018-2019 の第15節。ロサリオで行われた「ロサリオ・セントラル×リーベル・プレート」は、互いに追加点を奪えず勝ち点1を分け合う結果になった。

リーベルは9分にミルトン・カスコがペナルティエリアの外からシュートを打つと、ロサリオ・セントラルは12分に左からの折り返しにフェルナンド・サンペドリが右足で合わせたが、ボールは浮いてしまいクロスバーを超えてしまう。リーベルは13分にコロンビア代表MFファン・フェルナンド・キンテーロがミドルシュートを放つと、17分に先制。コーナーキックが戻ってきてファン・フェルナンド・キンテーロがボールを持ち直すと、右サイドからクロスと見せかけて強引にシュートを打った。ボールは鋭く伸びてキーパーが両手で反応した瞬間には、すでにゴールラインを割っていた。

その後も幾度となく相手ゴールに襲いかかったリーベルは、40分にはルーカス・プラットがクロスバーを直撃するミドルシュートを打つと、42分にはファン・フェルナンド・キンテーロが低く抑えたフリーキックで相手ゴールを脅かした。

リーベルの1点リードで迎えた後半、ロサリオ・セントラルは開始44秒で追いついた。ペナルティエリアの外からアグスティン・アリオーネが右足を振り抜いて放ったミドルシュートが、キーパーの両手をすり抜けてゴール右隅に吸い込まれた。キーパーの手前でピッチに触れたボールが、バウンドせず芝の上を滑るようにしてゴールネットに突き刺さる奇妙な軌道を描いたシュートであった。

勝ち点3を得て優勝争いに参加したいリーベルは長短交えた多くのシュートを打ったが、追加点を奪えず。82分にはキーパーと1対1になったマティアス・スアーレスが右足でキーパーの脇をすり抜けるシュートを打ったが、ボールはファーサイドのゴールポストに当たって勝ち越せなかった。一方ロサリオ・セントラルは85分にワシントン・カマーチョが蹴ったシュートがキーパーとクロスバーに当たる不運で、こちらもまたチャンスをものにできなかった。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019 第15節 (2019/02/14)
ロサリオ・セントラル 1-1 リーベル・プレート
ヘレミアス・レデスマ GK フランコ・アルマーニ
ゴンサーロ・ベッティーニ
ナウエル・モリーナ
(オスカル・カベーサス)
マティアス・カルッソ
ミゲル・バルビエーリ
DF ハビエル・ピノーラ
ロベール・ロハス
ルーカス・マルティネス
ファビアン・リナウド
ワシントン・カマーチョ
ネストル・オルティゴーサ
レオナルド・ヒル
アグスティン・アリオーネ
(マキシミリアーノ・ロベーラ)
MF ゴンサーロ・モンティエル
(マティアス・スアーレス)
ミルトン・カスコ
レオナルド・ポンシオ
イグナシオ・フェルナンデス
(クリスティアン・フェレイラ)
フェルナンド・サンペドリ
(クラウディオ・リアーニョ)
FW ファン・フェルナンド・キンテーロ
ルーカス・プラット
ラファエル・サントス・ボレー
(ニコラス・デ・ラ・クルス)
アグスティン・アリオーネ 46 ゴール 17 ファン・フェルナンド・キンテーロ
マティアス・カルッソ イエロー
カード
ルーカス・マルティネス
ミルトン・カスコ
エドガルド・バウサ 監督 マルセーロ・ガジャルド
主審: アンドレス・メルロス
会場: エスタディオ・ヒガンデ・デ・アロイート (ロサリオ)
2019.02.14

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。